注目キーワード

住宅ローン地獄にはまった人が後悔しているのはどんな事?

マイホームを持つために、住宅ローンが必要不可欠であることは知られていますが、住宅ローンの組み方を間違えると恐ろしいローン地獄に陥ってしまいます。
マイホームを持つ事ができても毎月の払いが苦しいと生活がままならない状態になってしまいます。住宅ローンで後悔している人の例から、ローンを組む前にどんなことを気をつけるべきか学びましょう。

住宅ローンは負債であるという認識を持とう

住宅ローンを組むことは人生において何回も経験する事ではありません。一軒の家を建てるために支払うお金は平均して約4000万円と言われています。その金額を30年ほどかけて返済していくのです。
「賃貸で家賃を払っているわけではないし、自分の物にお金を払っていると思ったら良い」「持ち家があるという事は資産が増えるので投資だ」という見方もありますが、純粋に自分の資産と言えるようになるにはローン全ての返済が終わってからです。
住宅ローンを組むというのはそれだけ大きな金額の借金をしていると考えて、慎重にどの住宅ローンを利用するか検討しましょう。後悔しない住宅ローン選びのために、住宅ローンについての正しい知識を身につけることが重要です。

勧められるがままローンを組まない

住宅ローンは全国で5000種類以上もあると言われています。各金融機関で金利や手数料も様々で、どれを選んで良いか分からなくて勧められたものを利用するという人も少なくありません。しかし、それがローン地獄への一歩かもしれません。

不動産業者や建設会社に勧められたローンの落とし穴

不動産会社や建設会社が進めてくるローンは、そのローンを扱っている金融機関との古くからの付き合いがあるとか、その会社が提携している金融機関である可能性があります。その場合、会社の都合で勧めているので、あなたにピッタリ合うので勧めているというわけではありません。
勧められるままに住宅ローンを組んで、後になってからもっと金利の低い金融機関があった事を知り、ローンを組む前に良く調べればよかったと後悔している人も少なくありません。
勧められたローンを鵜呑みしてしまうと、結局のところ負担が大きくなり返済が困難になるかもしれませんので、必ず自分で調べて納得できるローンを利用しましょう。

知人や友人に勧められたローンを利用する

先にマイホームを建てた人に、住宅会社やローンについて相談して有用な情報を得られたら自分もそのローンを使いたいと思うのは当然です。その人はとても良い条件でローンを組んで、毎月の返済も余裕がある様に見えます。しかし、そのローンの利用を決める前に一歩立ち止まって考えることも必要です。
住宅ローンを良い条件で借りるためには、金融機関から提示される条件をクリアする必要があります。例えばその金融機関に口座がある事や、給与振込口座であること、特定のサービスに申し込みをしている事などです。
知人が良い条件で借りれたからとしても、あなたがその条件で借りれるとは限りません。ローンを利用するには金利が高くなったり、手数料も変わることがあります。他にあなたにとって条件が良いローンがある事も想定して、様々なローンを調べるようにしましょう。

・勧められたローンを調べる
・会社の都合で勧めているかも
・知人と条件が違う可能性

将来について現実的に考えて計画する

あなたは今何歳ですか?これからローンを払い始めて完済する時にはどうなっているでしょうか、その間ライフスタイルが全く変わらないという人はいません。住宅ローンは長期間の返済計画が必要ですから自分の将来について、冷静かつ現実的な予想をして計画を立てることが必要です。

出費の変化に対応できる余裕を持つ

現在は夫婦共働きで安定した収入があっても、妻が妊娠して出産が控えるとなるとそれに伴って出費が増えます。毎月の出費も増えていくでしょう。
お子さんが居れば、成長と共に必要な出費も増えていきます。習い事や進学などの養育費に加えて、周りの人との付き合いも変化します。親御さん同士の付き合いも増えるでしょうし、毎年のイベント毎に出費も増えます。
住宅ローンを検討する際、現状の子供のために取り分けている金額が、ずっと一定ではない事を考慮して組むように計画しましょう。子供が小さいうちにかかる費用と大きくなって必要な費用ではかなり差があります。ローンの返済中に、子供は成長していきますので出費が増えていくと考えてください。
もしかすると親の介護の必要なども生じるかもしれません。実際の介護の費用とは別に親元に通うための交通費が継続的にかかる様になったり、家のリフォームが必要だったり思ってもみなかった出費も生じます。
そうなった場合にも対処できる余裕がなければ、いくら家を購入できたとしても生活が立ち行かなくなります。状況の変化に対応できるよう計画を立てましょう。

収入も変動する

サラリーマンだから一定の給与を定年まで見込めると思っていても、いつどうなるかわからない世の中です。自営業の方も上向きの状況がずっと続くことが望ましいですが、そうならないこともあります。
今は共働きであったとしても数年後にはどちらかが働けないという事もあるかもしれません。妻が妊娠・出産で休職・退職することがありますし、復職しても以前よりたくさんの時間働くことが出来ず、収入が少なくなる事も多々あります。
もしくは健康状態が変化して思うように働けなくなる可能性もあります。これは誰も予想できないことではありますが、そうなった時にどうするかを考えてローンを組むか、きっと自分は大丈夫と何も考えずにローンを組むかによって、その後の生活に大きな差が生じることになります
住宅ローンを利用する時には元気に働いて余裕があるうちに早めに返済を進めていくように計画を立てましょう。それに加えて何か不測の事態に陥ったとしても対処できる余裕も見込んで計画することが大切です。

退職金はあてにしない

まとまった金額が手に入り、一度に支払いをたくさん行えるからと退職金を返済に充てることを当初から計画に含めるのは避けた方が良いでしょう。住宅ローンは長期の返済計画です。35歳で35年のローンを組んだとして、支払い終わるのは70歳。少しでも早く返済をするためにと考えると退職金も含めて考えたくなります。しかし、それにはリスクがあります。
1つの理由は企業が倒産するして退職金ゼロになるかもしれないというリスクです。倒産しないまでも、業績が思うように振るわないなら退職金が減額される可能性も出てきます。
何年も先に「得られるかもしれない収入」は、手に入らない可能性もあるので返済計画の軸には決してしないようにしましょう。
また退職後の生活を考えた時、退職後は毎月の収入が減り、その中で生活しなければなりません。少し考えるとわかることですが、退職金全てを住宅ローンの返済に充てることは無謀なことです。将来を現実的に見据えて無理のない計画を立てましょう。

・出費の変化に対応する余裕
・収入も変化する
・退職金を含めずに計画する

ローンの固定金利と変動金利を知らないと後悔する

住宅ローンには大きく分けると2つのタイプがあります。「固定金利型」と「変動金利型」です。違いを理解していないとローンの返済の計画に大きく影響が出ますのでしっかり把握しましょう。

固定金利型ローン

固定金利型ローンはスタートに設定した金利と返済額がずっと続くタイプのローンです。これは金利の変動の影響を受けないので長期の安定した計画を立てやすいというメリットがあります。しかし借り入れの時点で一番高い金利での借り入れになります。
金利が上昇していくなら、金利が一定のこのローンは低い金利のままで借りることができます。

変動金利型ローン

「変動金利型ローン」は市場の金利の変動を受けて半年ごとに金利の見直しが行われます。それによって元本と利子の割合が変わります。
金利が下がっていく局面では借り入れ当初よりも低い金利で借りることができますので有利になります。しかし金利が上がればそれに連動して金利が上がっていくので、計画していたよりも利子のを多く支払うことになる可能性があります。
最近はかなり金利が低い状態で推移していますが、いつ金利上昇の局面を向かえるかわかりませんので、目先の金利のみで契約するのは危険です。
「変動型金利」は、借り入れ時に一番低い金利で借り入れができるのが特徴です。しかし中には、低い金利であることを強調してローンを組んでもらい、販売契約数を増やそうとして、変動型金利ローンのリスクについて充分に説明をしてくれない不動産会社もいます。変動型金利のリスクについて知らないうちに契約させられてしまった!とならないように注意が必要です。

どちらが良いか自分の状況に合わせて判断する

どちらの金利タイプにもメリットとデメリットがありますから、一概にどちらが良いとは言うことはできません。自分の状況と照らし合わせて返済計画を立てることが必要です。
頭金を十分に準備できるかによって借り入れの金額が変わってきますし、1%の金利の違いですが借入金額が大きいのでその差はかなり大きいです。慎重に考慮したうえで決定をしましょう。

・固定金利型ローン
・変動金利型ローン
・1%の違いが大きな差を生む
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!

ローン地獄にはまる人はどんな人?

自分はそうなりたくないと思っていても、気がついたらローン地獄にはまっている人はもいます。その人の特徴を紹介していきます。

多少大変そうな計画でも「どうにかなる」と思っている人

一見積極的でポジティブな考え方ですが、これを計画の段階で言っている人は要注意です。理由として今後の計画で無理がある事を認識していて、解決策がないままとりあえず借り入れを行う可能性があげられます。
その借り入れは妥当な金額なのかを見極めることが重要です。日常生活に支障が出ること予測できる返済は必ず苦しくなり「どうにかなる」ものではありません。結果としてローン地獄にはまってしまいます。

起こり得るリスクに対して対策をしない人

目先の金利にだけ注目して、病気やケガなどのリスクに対応していない人もローン地獄にはまる可能性が高い人です。
住宅ローンを契約する時に「団体信用生命保険」への加入が必須ですが、これは住宅ローンの支払い中に死亡した場合、残金を保険金で支払うという保険です。3大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)になった場合支払われる保険も特約も任意でつけることができますが、その場合金利が上がる場合があります。
金利が上がるとローンの返済が増えるという理由から、特約をつけない人もいますが、こうした対策をしていない場合は、病気になっても住宅ローンは減ることがなく支払い続けなければなりません。そうなると働けないので収入も減り、治療のための医療費もかかり、住宅ローンも変わらずに払う、という身動きの取れない状況に陥りかねません。

先を見据えてローン地獄を回避しよう

これから先、自分や家族に起きることを正確に知る術は誰も持っていません。しかし先がわからないからと言って何もしないのと、先々の備えをする事や、万が一のことを考慮して計画するのでは大きな違いがあります。
住宅ローンを組む時には、若くてエネルギーもあり元気ですから、今後起きる自分や周りの環境の変化について想像するのが難しいかもしれません。しかし、ローン地獄にはまらないためにも、この先に起こるかもしれないリスクについて真剣に考えて計画を立るようにしましょう。

・どうにかならない事もある
・リスクに対策をする
・先を考えて計画を立てる

住宅ローンで後悔しないためのポイント

住宅ローンは大きな負債と考えることが出来ます。金利は低いですが、長い期間返済が続きます。住宅ローンの選択がその後の生活に影響を及ぼすことを覚えておきましょう。
住宅ローンを組んで後悔しないために、友人や知人、不動産会社から勧められるままに契約するのではなく、そのローンについて自分でよく調べて、自分の条件にあったローンを選ぶことが大切です。
また、これから将来には家族のライフスタイルに変化がある事や、自分に起きる可能性のあるリスクについてもよく考えてローンを組むことが必要です。余裕が全くない計画だと変化に対応することが出来ず、後悔することになります。
途中で投げ出さずに、様々なローンを比較検討すればローン地獄にはまることなくマイホームを手にすることができる事でしょう。