注目キーワード

家の寿命は何年?寿命が短い理由と寿命を伸ばす方法

「今の日本の家の建物自体の寿命は何年だろう?」「実際この家にあと何年住むことが出来るのだろう?」「築30年ほどの家に住んでいるけれど、もう寿命なのかな?」

家の寿命がわからないことで、このような悩みを抱えていることはありませんか。
そこで、この記事では家の寿命が何年かご紹介した後、寿命が短い理由・寿命を伸ばす方法、そして寿命が近づく家を手放す方法をご紹介していきます。

日本の家寿命は30年!ただ、築80年まで住むことが出来る家もある

日本でよく使われる木造住宅の寿命は30年といわれますが、実はこの数字は解体された木造住宅の築年数から算出されています。ただ、実際には築80年まで住むことが出来る家もあり、本来住まいとして使える状態であるにも関わらず解体されている中古住宅が多いのが日本の現状です。
解体された住宅築年数を国際比較すると、レンガ造りが主流のアメリカでは55年・イギリスでは77年となっており、日本の住宅の寿命は著しく短いことが分かります。(参考:国土交通省

また、実際に住まいとして使える家の寿命は以下のように住宅構造によって異なり、一戸建てによく使われる木造は30年~80年鉄骨構造は30年~60年、そしてマンションによく使われる鉄筋コンクリート構造(RC造)は40年~90年となっています。

住宅構造寿命
木造30年~80年
鉄骨構造30年~60年
鉄筋コンクリート構造40年~90年

(参考:国土交通省「期待耐用年数の導出及び内外装・設備の更新による価値向上について」)

これらの数値を見ると、どの構造体でも寿命の幅が非常に広いことが分かると思います。
つまり、実際に築30年以上でも住まいとして利用され続けている家もあれば、築30年前後で解体されて住宅としての役割を終えた短命の家も存在するということです。

日本の家寿命が短い3つの理由

さて、それではなぜ日本の家の寿命は短く、築30年前後で解体される家が多いのでしょうか。
実は3つの理由があります、ひとつずつ確認していきましょう。

①:家の「質より量」が重視されたため

ひとつめの理由は、戦後の住宅不足の際にとにかく住むことだけを目的にした家がたくさん建てられ、耐震性や耐久性が低い構造や建材を使用した家が増えたためです。

特に、近年大地震が増えたことで一戸建てなどの耐震性に注目が集まっており、さらに補助金制度の整備によって耐震改修工事を検討する方が増えています。
しかし、築30年以上の家は現在と異なる耐震基準で建設された家が多いため、構造体があまりにも脆弱なことで耐震基準を満たさず工事の手間や費用がかかることから建て替えてしまう方も少なくありません。
また、同じ木造住宅でも歴史的建造物に使われるようなヒノキやスギ、害虫に強くシロアリ被害などの抑止力になるヒバなどの、優良な木材を使った家は長持ちしますが、外国産の安い木材などは日本の湿度に合わず、木がひび割れたり曲がりやすくなるため耐久性は落ち、解体のサイクルが早くなる要因になります。

②:間取りが変更しにくい設計で建てられたため

ふたつめの理由は、高度成長期の新築建設ラッシュの際に、利用者の需要に合わせ新築時点の家族構成やライフスタイルしか考慮していない注文住宅がつくられたためです。

家族構成やライフスタイルが変化したときに、リフォームなどで簡単に変更しにくい間取りがある家は寿命が短くなる傾向があります。
築30年を迎えたタイミングで老後を見据え、段差の解消や水回りの位置変更などのバリアフリー化を行う際に配管の問題で水回りを変更できなかったり、
固定された構造体が邪魔になることもよくあります。この場合、リフォームにかかる費用が膨らむので結果として解体を選択することにつながります。

③:中古住宅市場が確立されていなかったため

みっつめの理由は、新築志向が非常に強く中古の不動産取引市場が確立していなかったためです。

以下のように、不動産取引の際に建物の価値を評価する住宅構造ごとに国が定めた「耐用年数」の年数は低く、中古住宅の価値が低く見積もられていることが分かります。

構造耐用年数(住宅用の場合)
木造・合成樹脂造のもの22年
木骨モルタル造のもの20年
鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造のもの47年
れんが造・石造・ブロック造のもの38年

(参考:国税庁「主な減価償却資産の耐用年数(建物/建物附属設備)」)

一方、平均耐用年数が長い海外の中古住宅市場では、高品質のリフォームなども行われ、新築時より高額で中古住宅が売買されることもあります。

このように、過去に建てられた中古住宅や中古住宅に対する考え方のせいで、これまでの日本の家寿命が短いことがわかりました。

寿命を伸ばして築30年以上の家に長く住み続けるためには

もし、あなたが今住んでいる家の寿命を最大限伸ばして住み続けたいと考えているのであれば、長持ちしやすい家の状態を作る必要があります
海外では、住宅を「資産」として捉え、質の良い住宅を建てそれをメンテナンスし、良いものをきちんとケアして長く住み続けるという考え方が根付いています。
具体的にどのように、ケアして長く住み続けるのかを確認していきましょう。

定期的にメンテナンスを行う

家の寿命が近づいてきたと感じてきたら、まずはメンテナンスを定期的に行うことを心がけましょう。
家主自身が行うことが出来るメンテナンスはトイレや浴槽などの水回りや玄関や窓ガラスなどの外部との接続部分など普段よく使う箇所が中心となります。
ただ、それだけでは建物の内側部分などの劣化状況を把握することが出来ないため、5年ごとを目安に専門家に依頼して定期的に家の点検を行いましょう。

専門家に依頼する際、目視による点検であれば4~5万円程度・装置を使った本格的な点検であれば20~30万円程度の費用がかかりますが
この費用をケチらないことで工事が遅れたことによる被害や修繕を急ぎすぎたことによる無駄を防ぎ結果的に家も貯金も守ることが出来ます
築25~築30年の家であれば、一度は専門機材を使った本格的な点検を受けることをお勧めします。

優先順位をつけてリフォームを行う

メンテナンスや点検の結果部分的にリフォームが必要だと判断したら、リフォーム箇所の優先順位をつけましょう。
特に、築年数が古い家の場合際限なく修繕したい箇所が見つかり、すべてに対応していると予算がとんでもなく膨らむためです。
長く住み続けるために、放置しておくと生活や安全に重大な影響を及ぼす可能性が高い箇所だけリフォームするという気持ちでいることをおすすめします。

築25~築30年の一戸建ての場合必ず行うべき4つのリフォーム箇所をご説明していきます。

①:建物外周の足元と1階の壁

築25~築30年の一戸建てになると建物の土台部分の劣化が進み、基礎部分に亀裂や陥没が生じることが多くあります。また、特に木造住宅の場合勝手口の踏み段のコンクリート部分と土地部分の間に隙間が生じることもよくあります。

この状態を放置しておくと地震が来た際に家が崩壊してしまう恐れがあるため、耐震補強の目的でリフォームを行いましょう。実際に、過去の大地震でも特に崩壊しやすい部分だったようです。

リフォームの具体的な内容としては、腐朽した土台部分の木材を取り換えたり、金物で土台部分と基礎部分をつなげる作業が行われます。

②:床組み・床下

築25~築30年の一戸建てでは、地盤が軟弱な場合床下に隙間が出来たり、換気がなされていないと湿気がたまり家を支える木材が腐朽しやすくなります。

また、床下は湿気が強いとシロアリによる被害があったり、断熱材が落下している場合もあるので、必ず確認してリフォームするようにしましょう。

リフォームの具体的な内容としては、金物を使用して土台部分の接合部を補強したり、床下の木材を丈夫なヒノキに取り換える作業が行われます。

③:水道管

水道管は、材質にかかわらず20年が交換目安と言われており、築25年~築30年になって一度も変えていない場合リフォームしましょう。

給水管や排水管など家の様々な場所で使われている水道管は交換目安をすぎると一気に劣化が進み錆が発生する可能性が高く、衛生的な観点でも早急に変える必要があります。

リフォームの具体的な内容としては、給水管を変え丈夫な二重構造の配管にする作業が行われます。

④:電気設備

築25年~築30年の一戸建てでは、電気設備が劣化していることが多く、特に配線が劣化していると漏電して、生命の危機にさらされる可能性があります。

リフォームの具体的な内容としては、分電盤を交換したりやコンセント、スイッチなどの個数を増やす作業が行われます。

このように、安心して住まいとして使い続けられるように、放置していると危険になる以上の4か所を確認して、必ずリフォームを行うようにしましょう。

関連記事

一口に戸建てやマンションをリフォームをするといっても、部分的な修繕から大がかりな間取りの変更まで様々です。このため、リフォームの価格というのは内容によってかなり異なるものです。今回は、リフォームの内容別に価格相場を紹介します。相場を[…]

※リフォームを行う箇所ごとの詳細な費用や費用削減の方法に関しては以下の記事をご覧ください。

関連記事

住み慣れた家のリフォームまたは、中古物件を購入して、リフォームを検討しているなどさまざまでしょう。しかし、リフォーム工事にはたくさんの種類があります。全体的なリフォームなのか、部分的なのかによっても費用は大きく変わってきます。予算と相談しな[…]

電卓の上にある家の模型

寿命が近づく家を手放す2つの方法

長期間住むことで慣れ親しんだ家だとしても、リフォームをしてもどうにもならないような欠陥が見つかったり、心機一転新しい家に住んでみたいという想いが出てくるかもしれません。
その場合、まずは寿命が近づく家を「建て替え」か「売却」どちらかの手段で手放す必要があります。

それぞれの方法を確認していきましょう。

①:建て替え

築30年前後の家にお住まいの方は、部分的なリフォームでは足らず大規模な修繕が必要になる可能性が高いです。
大規模な修繕には多大な費用がかかるため、古い家の寿命をリフォームで伸ばすよりいっそのこと建て替えてしまって新築の家に住みたいと考える方も少なくありません。
そこで、よく比較される全面リフォームと建て替えをそれぞれの特徴やメリット・デメリットの面から比較してどちらを選択すべきか考える機会にしましょう。

全面リフォームと比較した建て替えの費用と特徴

全面リフォームと建て替えの違いとはいったいどこにあるのでしょうか。以下の表で特徴を確認していきましょう。ここでは、主な費用をご紹介しています。

全面リフォーム建て替え
概要既存の基礎部分(柱などの構造体)を残した状態で、改修工事を行う。
※内装を作り替えるのが「リノベーション」
構造体を残し一から立て直すと「スケルトンリフォーム」
構造体も含めすべてを解体し、ゼロから新築のように建て直す。
費用目安1200~2000万円
※リノベーションの場合:約1400万円
スケルトンリフォームの場合:約1800万円
2200~3500万円
その他費用基本なし解体費用・新築工事費用・仮住まい費用・2回分の引っ越し費用(仮住まいとの往復分)
工事期間1~2ヶ月6ヶ月

全面リフォームと比較した建て替えのメリット・デメリット

ひとえに築30年前後といっても、家の状態や改修予算・将来の暮らし方など様々な要素を加味して全面リフォームか建て替えかを判断する必要があります。
以下のメリット・デメリットをもとに、ご自分の状況と照らし合わせて考えてみましょう。

全面リフォーム建て替え
メリット・必要な部分だけ安い価格で改修することが出来る
・短い期間で工事が完了する
・間取りに対する不満を解決できる
・リフォームに比べてローンが組みやすい
デメリット・理想状態や劣化状況によって費用が変動しやすい・新築建設に伴い各種税金がかかる
・リフォームの約2倍の費用がかかる

上記の特徴やメリット・デメリットをもとにまとめると、
コスト重視で現状の間取りなどを変えずに住み続けたい方は全面リフォームを、資金にある程度余裕があり立地に愛着がある方は建て替えをおすすめします。

②:売却

手元に豊富な資金がなかったり、現在の家の立地に強い愛着がない場合は、家の売却を検討してみましょう!

家を売却する場合、まずは「いくらくらいで売れるか」を知ることでその後の売却計画をたてやすくなります。
特に築30年前後の一戸建ては経年劣化によって建物の価値が新築と比較して1/10程度まで下がっているため、想像以上に値段がつかない恐れもあります。
査定をする時には複数の不動産会社に依頼をすることによって査定額を比較することが出来ます。
ただ、不動産会社ひとつひとつに連絡をしていくのは効率が悪いためインターネット上で無料で複数の会社に査定依頼ができる不動産一括査定サイトを使用すると良いでしょう。
不動産一括査定サイトのおすすめは「イエウール」というサービスです。
イエウールでは、業界NO.1である1700の不動産会社と提携しており「大手」「中手」の不動産会社だけでなく「地域密着」の複数の不動産会社にも査定依頼を出すことができるからです。
築年数が古い家の売却をするパートナーとしてふさわしい不動産会社を選びましょう!

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!

 

※古い家を売却する時の手順や売却時の注意点・対策はこちらの記事でご紹介しています。

関連記事

「親が住んでいた古い家を相続したが、管理に困っている」という人は多いと思います。古い家を放置し続けると経済的な負担や精神的ストレスもかかります。一方で「古いから売れないのでは?」と家の処分を諦めている人もいるのではないでしょうか[…]

赤い屋根の家の粘土

※寿命が近づく一戸建ては特に売れにくいため、こちらの記事を参考に一戸建てを売れる状態にしましょう!

関連記事

「一戸建てを売り出したが数カ月経っても売れない・・」と不安に思う人も少なくありません。一戸建ては時が経つにつれ価値が落ちるので売れ残って良いことありません。また、数か月経っても売れない状態が続くと大きなストレスになってしまいます。[…]

記事のまとめ

家の寿命は何年?

木造住宅の寿命は30年といわれますが、実はこの数字は解体された木造住宅の築年数から算出されています。家の寿命は「実際に住まいとして家を使用できる期間」であり、実際には築80年まで住むことが出来る家もあるため、日本では寿命を迎えるかなり前に解体される家が多いことが分かります。
詳しくは「日本の家寿命は30年!ただ、築80年まで住むことが出来る家もある」をご覧ください。

家の寿命を伸ばすために効果的な方法は?

家の寿命を伸ばすためには、家主自身が定期的にメンテナンスを行うこと・優先順位をつけてリフォームを行うことの2つが挙げられます。築25~30年ほどになってくると家のあちこちを修繕・リフォームしたいという気になってくると思いますが、放置しておくと安心して生活することが出来ない重要な箇所のみを費用を抑えてリフォームするようにしましょう。
詳しくは「寿命を伸ばして築30年以上の家に長く住み続けるためには」をご覧ください。