【家買取ガイド】不動産を早く売る買取の手順や仲介との違いを解説!

家を売却する時は、不動産会社に売買の仲介をしてもらい買い手を探してもらうのが一般的です。

しかし、実際には家を売りに出しても買い手を見つけることができない場合も多いのが実情です。不動産をすぐに現金化したい人にとってはは、何カ月も売れるのを待っている余裕はありません。

そんな時に利用を検討したいのが買取という方法です。

この記事では不動産の仲介と買取の違いや、買取に向いている方の特徴、買取のメリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

家の買取と仲介との違いは?

不動産売却の方法として一般的なのは、不動産会社が仲介役となり買主を探す仲介です。

一方で、不動産会社に直接買い取ってもらう方法が買取です。

「買取」「仲介」による売却方法の説明

「仲介」は不動産会社が買主を探す

仲介は売主と買主の間に不動産会社が仲介として入り、売買契約を取りまとめます。

不動産会社は売主の意向に沿った買い手を探し、必要であれば事務手続きの代行等も行うので仲介手数料が発生します。

売主が売買契約を結ぶのはあくまでも個人の買主になので、不動産会社に仲介してもらいながら、買主とも直接かかわり契約を進めていきます

「買取」は不動産会社が買主になる

買取は不動産会社に直接物件を買い取ってもらいます。売主と不動産会社の間で売買契約を交わすことになります

売主は不動産会社と直接価格交渉をし、条件がまとまればすぐに契約に結ぶことができます。

買い手探しが不要なため広告や内見などの販売活動を行う必要がありません。

仲介買取
買主個人不動産会社
販売活動するしない

買取の最大のメリットはすぐに現金化できることです。ただし、売却価格の相場が安くやってしまいます。買取のメリットとデメリットについては後ほど詳しく解説します。

買取には即時買取と買取保証の2種類がある

不動産会社に直接物件を買い取ってもらう買取のなかには、即時買取買取保証の2種類があります。それぞれどんな違いがあるのか理解しておきましょう。

即時買取とは

即時買取は、不動産会社にすぐにでも買い取ってもらうことです。

市場での販売活動は一切行われず、現金化までの時間も短くて済むため、すぐにお金が必要な時にオススメです。

ただし、不動産会社に買い叩かれてしまう可能性は高く相場より安い価格でしか売れません。

買取保証とは

買取保証は、仲介で一定期間を過ぎても不動産が売れなかった場合に、不動産会社が買取をしてくれるという保証を指します。

不動産会社による買取では、買い手探しが不要で確実に物件が売れることがメリットですが、買取価格が市場価格よりも安くなってしまいます。

買取保証は最初の3カ月間は仲介で売り出せるので不動産会社に買い取ってもらうよりも高く売れる可能性が高くなります。

さらに、売れ残った場合は不動産会社が買い取ってくれるため、「高く売れるチャンスがあり、確実に売ることもできる」という仲介と買取の良いとこどりの制度だと言えます。

リナビス
数カ月後には物件を売却して現金化できる保証が付いているのはとても安心!

即時買取と買取保証のどちらを選ぶべきか

不動産を業者による仲介ではなく、買取で売却することを選ぶ場合、即時買取と買取保証のどちらを選んだらいいのでしょうか。
不動産会社に仲介ではなく買取をお願いすることのメリットを得たいと思った人は、即時買取を選びましょう。

引越しなどの都合で不動産売却までに時間がない人や、相続税の支払いや離婚による財産分与のために、すぐにでも売却して現金化したいという人は即時買取がいいでしょう。

しかし、時間的に余裕がある人や、可能性があるならば少しでも高く売りたい、という人は買取保証の方をおすすめします。
ご自身の状況や時間的な状況を踏まえた上で適切に判断しましょう。

関連記事

不動産を売却する方法として買取保証という選択肢があります。買取保証についての理解を深めることで不動産を早く確実に売却できるかもしれません。しかし、買取保証について詳しく知っている人は多くないと思います。リナビ[…]

家買取の6つのメリット

次に買取のメリットを詳しく見ていきましょう。

仲介と比較して売却価格が低くなるデメリットがある一方で、買取を利用すれば仲介と比較してメリットも多くあります。

メリット①:仲介手数料が不要

仲介では、売主と買主の間に入って売買をサポートするため仲介手数料が必要となります。

しかし、買取の場合は不動産会社との直接取引のため仲介する人がいないため、仲介手数料が不要です。

仲介手数料は、法律で上限が決められていますが、その範囲内であれば不動産会社が自由に決めることができます。

例えば、4,000万円で売却できた物件であれば136万800円の仲介手数料となります。

(4,000万円(物件価格)×3%+60,000円)×8%(消費税)=136万800円

つまり、買取の場合は、この136万800円分の手数料を支払わなくて良い事になります。

メリット②:内覧準備が不要

現在住んでいる家を仲介に出した場合、購入希望者による内覧が行われます。

場合によっては、毎週末に2組から3組の内覧が行われて、毎回同じような質問に答えなくてはいけない、ということもよくあります。
共働きのご家庭の場合には、内覧のために家を掃除するのも大変で、かなりのストレスになるという人も多いものです。

また自分の生活を見ず知らずの人に覗かれる、というのもプライバシーの観点からストレスになります。

買取であれば、不動産会社によるビジネス的な視点による内覧が1回だけで済むので内覧の準備が必要ありません。

メリット③:近所に内緒で売れる

仲介では売却活動を行うため、インターネット上や折り込み広告などであなたの家の売却が近隣や知人に売却価格や詳細が知れてしまう可能性があります。

もちろん、不動産会社へ事前に相談して、宣伝範囲を限定することもできるでしょうが、限定したことで買い手が見つかりにくくなる可能性もあります。

一方、買取であれば不動産会社と、あなたのやり取りとなるため近隣や知人に知られることなく家を売却することができます。

メリット④:瑕疵担保責任がない

建物が伴う売買では、瑕疵(かし)担保責任といって売却後にシロアリや欠損などなんらかの欠陥が見つかった時に、売主が買主に対して負担しなければならない決め事です。

売主は欠陥に対しての補修を負担します。また、欠陥の程度によっては、損害賠償請求や契約解除などを求められるケースもあります。

仲介の場合は、この瑕疵担保責任は引き渡してから数週間から3カ月程度の範囲で設定されますが、買取の場合は、瑕疵担保責任は免除となり不動産会社に責任が移るので、瑕疵担保責任という不安要素が取り除かれるでしょう。

関連記事

不動産売却はトラブルがつきもので、多くは言った言わないや事前の確認不足から起こっています。トラブルの傾向や事例を知っておき、必要な対処方法を一緒に見ていきましょう。金額が大きくなる不動産取引のトラブルに合わない為に、必要な知識をつけておきま[…]

メリット⑤:家の引渡しタイミングが調整しやすい

不動産会社に買い取ってもらうメリットには、スケジュールを売り手の都合に合わせてくれる、ということもあります。
例えば、子供の新入学のタイミングで引っ越しをしたいと思っても、買い手も同じタイミングで引っ越しをしたいと考えていたら、売り手は先に出るしかありません。

次の引っ越し先が空かない場合には、仮住まいをしなくてはいけないこともあり、余計な出費がかかることもあります。
不動産会社による買取の場合には、買い手の都合を考える必要はなく売り手の事情にすべて合わせてスケジュールを調整してもらえます。

転勤や新入学など、引っ越しのタイミングが決まっている場合には仲介よりも買取の方がメリットが大きいでしょう。

メリット⑥:すぐに現金化できる

即時買取であれば、不動産会社との話し合いだけであなたの売りたい家を売却することができるため、時間がかかりません。

また、買取保証の場合であっても、売却期間を定めているのでいつまでも買い手が見つからないといった状況になることがありません。
また、早ければ最短で1日程度、長くなっても1カ月程度で物件の売却金額を現金として支払ってくれます。

仲介では、決済までスムーズに進んだとしても3カ月以上かかってしまうことが一般的なので、早く売却したい、早く現金化したいといった場合には買取は最適でしょう。

時間的、経済的な余裕があるのであれば、仲介でのんびりと売ってもいいかもしれませんが、そうでないのならせめて買取保証を付けて、期限を区切って不動産を確実に売却する方向で考えましょう。

買取の欠点は相場が市場価格より低いこと

家買取の欠点としては、買取額の相場が仲介で売却する価格の70%程度と低くなることです

例えば、市場価値が3000万円の家を不動産会社に買い取ってもらうと2100万円程度の価格にしかなりません。

リナビス
何で買取の相場は低いの?

買取価格が安くなる理由は主に2つあります。

1つ目は「修繕費用が差し引かれる」からです。

不動産会社は買い取った物件に対して、リフォームを施したうえで再販をするので修繕費用分を差し引いた額でした買い取ってくれません。

2つ目は「不動産会社の利益分が差し引かれる」からです。

不動産会社は安く買い取った家を高く売ることで利益を出しているので、必ず自社の利益になる価格でしか家を買い取りません。

不動産会社は人件費や買取後の物件広告費等も買取で得た利益で賄うことになるため、買取金額が相場より安くされてしまうのは仕方がありません

上記のような理由により「買取価格は市場価格の7割程度に下がる」と把握しておかないと損をしてします。

関連記事

「家の買取をしてもらいたいけど、相場が安いって本当?」そう悩んでいる人は多いのではないでしょうか。家の取引方法には「買取」と「仲介」の2種類があり、買取は仲介と比較して売却価格が低くなりやすいです。この記事では、家買[…]

買取と仲介どちらを選択すべき?

これまで買取のメリットとデメリットを紹介していきましたが、結局「買取」と「仲介」のどちらを選ぶのが良いのでしょうか。

買取と仲介の向き不向きを一覧にまとめました。買取と仲介で悩んだ時の判断材料に使ってください。

 買取仲介
時間 出来るだけ早く 時間的余裕がある
手間 内覧対応したくない 内覧対応が苦でない
売却価格 安い 高い
売却資金の必要時期 急ぎ 急がない
近隣や知人の目 気にする 気にしない
瑕疵担保責任などの費用負担 対応出来ない 対応できる
物件 築年数が古い築年数が新しい(物件自体に付加価値がある)

買取が向いている人の特徴

第一優先として、出来るだけ早く物件を売却したいと考えている人は買取が向いています。

仲介よりも売却価格は安くなりますが、時間や手間をかけずに売却することができます。また、売却することを近隣や知人に知られたくない場合や、瑕疵担保責任で悩みたくない人にもおすすめです。

火災などで出来るだけ早く引っ越しをしたい、相続のために売却したいといった急を要する場合には、買取でスムーズに売却するのが良いでしょう。

仲介が向いている人の特徴

時間や期間などに余裕があり、少しでも高く売却して資金として必要なら仲介を選びましょう。売却価格は、買取よりも1〜3割程度も高く売却できる可能性があるためです。

買い手が見つかるまでは売却ができないので、急ぎでないことや内覧の準備や対応を苦に思わない人には仲介での売却が合っているでしょう。

また、築年数が新しい家や物件自体に付加価値がある場合も高く売却できる可能性があるため、仲介で売却しましょう。

家買取の流れ

次に、家買取の大まかな流れを見ていきましょう。一般的に以下のような流れで行われていきます。

買取の流れ

 

不動産の買取を行う際はまず事前の情報収集が必須です。不動産会社とのやりとりを行う前に、まず自分自身で周辺の相場等をし深く知り取引に有利な情報を集めます。

その後、買取業者に査定を依頼し不動産の買取価格を把握していきます。次に実際に取引を行う買取業者を選択し買取条件の交渉を行います。

契約内容に合意できれば買取契約を締結し決済を行い不動産を引き渡します。

ステップは多いように感じるかもしれませんが、早ければ買取を初めて1週間程度で決済まで進めます。

仲介で不動産を売却する場合は半年程度かかることもあるので、買取に要する期間は短く済みます。
提示された期間よりも短期間で買取を行いたい場合は、不動産会社に相談してみましょう。

買取の流れについて詳しく知りたい方はこちらんの記事をご覧ください。

関連記事

「不動産の買取を検討しているけど、何から始めていいか分からない・・・」そういった不安を抱えている方、多くいるのではないでしょうか?不動産の取引には「仲介」と「買取」の2種類があり、仲介は不動産の買主が「個人のお客様」であるの[…]

買取業者を選びのポイント

家買取の取引の中で、最も大切な行程の一つにあたるのが「業者選び」です。

家の買取価格や取引のスピード感は、買取業者によって様々です。上手く業者を選ばなければ、買取価格も低く売れるまでに期間もかかります。

そこで家の買取業者を選び際に確認すべきポイント3つ紹介します。

ポイント①:査定価格の高い買取業者

買取の場合、不動産業者が提示する査定価格≒買取価格になるので、シンプルに高い査定価格提示してくれた会社を第一優先にしましょう。

提示してくる査定価格は、各不動産業者によってバラつきが出てきます。

よって、1社のみに査定を依頼するのではなく、複数社で査定額を比較することによって業者を選択することが非常に大切です。

ポイント②:家買取の実績がある業者

不動産会社のホームページを見れば買取実績を確認できます。買取件数や、ユーザーからの評価を確認すれば、その業者が誠実な対応で買い取ってくれるかの判断材料になります。

逆に、ホームページ自体がない業者や、実績や口コミなどをホームページに載せていない業者は、買取事態に注力しているいない可能性が高いため選択肢から外しても良いかもしれません。

「不動産買取業者の口コミが気になる」という方は不動産売却専門のレビューサイトおうちの語り部で不動産会社の口コミや評判を知らべてみましょう。

おうちの語り部

おうちの語り部には実際に不動産を売却したユーザーだけのリアルな口コミを5000以上掲載しており全て無料で閲覧できます。

「売却価格」「売却スピード」「会社・社員の対応」そして「この会社を選んだ決めて」など、ここでしか分からないリアルな評判を確認できるので、家売却時の不動産会社選びに活用してみましょう。

ポイント③:交渉に応じてくれる営業マンかどうか

不動産会社がたくさんあるのに対して、同じように営業マンもたくさんの人がいて、それぞれに個性が違います。電話対応や訪問した際の対応などで営業マンのことをよく観察しましょう

質問や疑問に対して、どのような提案をしてくれるのか、どれだけ真剣に向き合ってくれるのかを見極め、あなたが信頼できると思う人を選びましょう。

査定額が高いからと不信感を感じつつも営業マンと付き合わなければならないとなると、気持ちよく取引が行えなくなってしまう可能性もあります。

不動産は高額な資産の取引となり、一生のうちになん度も行うことではありません。そのため、信頼できる人をパートナーとして選ぶことも重要です。

リナビス
営業マンの対応も見るべきポイントだね!

また、買取の場合、ほかの業者から査定してもらった金額をもとに、買取価格を交渉して上げる事ができる場合があります。

例えば1900万円という査定を出したA社に対して「B社は2000万円で買い取ってくれると言っている」と伝え、A社にそれ以上の金額で買い取ってもらうよう促す、といった具合です。

もちろん、不動産会社も全ての交渉に応じてくれるわけではないですが、提示された査定額が納得いく金額でない場合に、こうした交渉にまったく聞く耳を持たない業者には注意しましょう。

また、交渉に応じなかったとしても営業マンがどれだけ親身に疑問に答えてくれているかも重要な確認ポイントです。

関連記事

「家を買い取ってほしいけど、どんな業者に依頼したらいいんだろう・・?」初めて家の買取を検討している方であれば誰しも感じる不安でしょう。人生で1~2度しかない経験なのでどんな業者に相談していいか不安になるのは当然です。この記事[…]

買取で家を高値で売却する2つのコツ

買取で不動産を売却した場合には、仲介で買い手を見つけた場合の7割から8割程度になってしまいます。

また、不動産の業者によっては、売手の無知に付け込んで買い叩こうとすることもあるでしょう。
大切な資産を売却するのであれば、より高値で売りたいもの。買取でもより高く売るために大切なことをお伝えします。

コツ①:仲介で売却した時の価格も出してもらう

まずは査定をお願いするときに、買取希望であっても仲介をお願いした場合の査定価格も一緒に出してもらいましょう。

買取だけの価格であれば不動産会社の言い値で好きなように出せますが、仲介での価格は市場価格が基本となるので、不動産会社は本来の査定価格を出すしかありません。
買取価格は仲介の場合の7割から8割程度と理解できていれば、提示された買取価格が適正価格なのかどうかを判断することができます

関連記事

「築年数は古いけどなんとか買取をしてもらいたい、、、、!」そんな風に思っている方、少なくはないのではないでしょうか?築年数の古い家は管理が大変であるため、買取をして手放したい、と考える人も多いと思います。しかし古い家を処理す[…]

コツ②:高く家を売るために複数社へ査定依頼

不動産会社によって査定価格は違います。100万円単位で価格差があることもあります。

時には500万円以上も開きがでることもあるため、1社だけの見積もりで不動産会社を決めてはいけません

買取でも仲介でも不動産の売却を検討したら複数の不動産会社に査定依頼をしましょう。

全国1,600社が査定してくれるイエウールの一括査定がオススメ

不動産会社はたくさんあるので、どこの不動産会社にすれば良いのか悩んでしまいますよね。

そんなときは、一括査定サイト イエウール が便利です。地域密着の不動産会社から大手の不動産会社まで全国に1,600社以上も登録されています。

もちろん、評価の悪い不動産会社や悪徳な不動産会社はイエウールが排除しているので、安心して利用することができます

家に居ながら、ネットで2~3分で6社まで同時に一括査定を行うことができます。家の買取を検討しているなら、まずはイエウールで見積もり査定してみましょう。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

買取で家を確実に売却しよう

この記事では買取によって不動産を売却する流れや、メリット、デメリットについてみてきましたがいかがでしたか。

仲介ならより高く売ることができるかもしれませんが、自分でリフォームや修繕をする費用をねん出すると、その費用だけでバカにならないこともあります。
業者にもよりますが、買取であれば引越しをするときに出たゴミやいらない家具は、そのまま家の中に置いて行ってもいいといってくれるところもあります。

いろいろな手間がかからなかったり、買い手が付くかどうかわからない物件を確実に買ってもらえるという安心感は仲介にはない大きなメリットです。
なかなか物件が売れなくて困っているという人や、速やかに物件をお金に変えたいという人、修繕やリフォーム、ゴミ処理の手間を掛けたくない、という人は買取での売却を検討してみてはいかがでしょうか

関連記事

不動産を売る際は仲介と買取の2つの方法から選ぶことになります。買取は早期売却できるの一方で、仲介に比べて売却価格が下がってしまうデメリットがあります。しかし、最近は高額買取してくれる業者も登場しており、こうした業者に依頼をす[…]

家売却の基礎的な情報を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

「家を売りたいときどうするの?」「初めて家を売るので失敗しないか不安・・」家を売ることは人生で何度も経験することではありません。いざ「売りたい!」と思っても何から手を付けていいか分からず不安ですよね。そこで今回は、家を売る流[…]

【家売却の完全ガイド】高く売るコツや注意点を大公開