土地の売却価格の相場を知りたい|調べる方法や目的を押さえよう

所有している土地の相場を知りたい場合、実際の売買価格や税金など、調べる目的によって参考にする価格に差が生じます。また、不動産業者に査定を依頼する場合も、不動産業者によって査定額に差があるのが現状です。なぜ、このように同じ土地に対して価格に差が生じてしまうのでしょうか。
その理由は税金を基準にしたものや、路線価を基準としたものなど、調べる媒体によって目的がさまざまであることが挙げられます。ここでは、自分でできる土地の相場の調べ方や土地の相場を調べるポイントなどを順に解説していきます。

1.土地の相場を調べる目的により参考にする価格は異なる

所有している土地の相場を知りたい場合、国土交通省が公開している「土地総合情報システム」の地価公示・地価調査・取引価格情報を参考にする人も多いのではないでしょうか。しかし、土地の価格は1つではなく、主に以下の4つの価格が存在しています。

1.1実勢価格

実勢価格とは、実際に取引される価格のことを言います。同じエリアにおいて、過去に実際に取引された実績に基づいた平均値で示されます。実勢価格は、売り手と買い手の合意の下に取引されている価格なので、売り手が利益を得るケースや、買い手がお得に購入するケースが混在しているのが現状です。
しかし、土地の売却を検討している場合は、実勢価格を把握しておくことで、実際の相場よりも安く売却してしまうような不利益を被ることを回避できると言えるでしょう。

1.2公示価格・基準地価

公示価格は、国土交通省が公開している「土地総合情報システム」の地価公示・地価調査・取引価格情報で確認することができます。この土地総合情報システムは、安心で安全な不動産取引や不動産市場の活性化などを目的として、年1回公表されています。
しかし、取引価格に関する情報については、実際に不動産取引した人を対象としたアンケートを実施した上で公表していますが、アンケートの回答は義務ではないため、不動産取引の全てがデータされていないのが現状です。

1.3相続税評価額

相続税評価額は、相続税などを計算する際の基準となる課税価格のことを言います。土地は、宅地、田、畑、山林などが評価の対象となっており、路線価のあるエリアにおいては「路線価方式」、それ以外のエリアでは「倍率方式」を用いて算出します。なお、これらの計算方法は、以下の通りです。

路線価方式

1平方メートル単価(千円単位)×敷地面積

倍率方式

固定資産税×各税務署ごとに設定された一定の倍率
相続した土地を売却する場合、相続税や贈与税に関わる価格なので、土地の相場を知るだけでなく、課税される金額についても知ることができます。

1.4固定資産税評価額

固定資産税評価額は、固定資産税を計算する際の基準となる土地の評価額のことを言います。この価格は、各自治体から送付される課税証明書にて確認することができます。なお、固定資産税評価額は、あくまでも固定資産税を計算する際に利用される評価額であることを念頭に置いておきましょう。
このように、土地価格は主に4つの価格が存在しており、実勢価格については、売り手と買い手の合意の下に成り立っている価格であるため、変動しやすいと言えるでしょう。また、税金について知りたい場合は、相続税評価額や固定資産税評価額を利用すると良いでしょう。
さらに、これらの4つの価格の他に、不動産鑑定士が鑑定評価に基づいて評価する「鑑定評価額」があり、鑑定の依頼に費用はかかりますが、客観的な土地の価格として参考にすることができます。

・目的で価格は違う
・客観的な評価額
・4つの価格を参考

関連記事

不動産の価格については「一物四価」とも「一物五価」と呼ばれるように、一つの物件に対し複数の価格が存在します。土地売買の際や相続税の計算など、利用目的によって使用する価格が異なります。土地の単価は、土地が持つ特性が大きく関係しています[…]

更地

2.土地の相場価格の調べ方

所有している土地の相場を知るには、不動産鑑定士に依頼する方法の他に、自分で調べる方法もいくつかあります。ここでは、土地の相場を自分で調べる方法を順に解説していきます。

2.1土地総合情報システム

土地総合情報システムは、国土交通省が公表している不動産取引の価格情報サイトです。ここでは、地価公示・地価調査・取引価格を調べることができ、過去2年分の実際の取引価格の検索ができます。なお、土地総合情報システムは、安心で安全な不動産取引や不動産市場の活性化などを目的として、年1回公表されており、成約価格が基準となっているので安心です。
さらに、土地の取引が多いエリアや都心などの人気エリアに土地を所有している人にはおすすめです。しかし、売却を検討している土地と似た取引がない場合、参考になりにくいというデメリットがあります。

2.2レインズ・マーケット・インフォメーション

レインズ・マーケット・インフォメーションとは、国土交通大臣が指定した不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことを言います。正式名称は、「Real Estate Information Network System」で、一般的にはこれらの頭文字をとって「REINS」と呼ばれています。
レインズでは、東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構が取り扱っている全国各地の不動産取引に関する情報を提供しており、戸建て住宅地の土地価格を検索するにはおすすめです。
しかし、土地と建物価格の内訳がされていないので、土地価格だけを検索するにはわかりにくいというデメリットもあります。

関連記事

不動産の売却や購入を検討している中で、レインズという言葉をきいたことがある人も多いのではないでしょうか。レインズがなにか分からないという人もいるでしょう。レインズは、不動産会社が利用しているサイトで一般の人は閲覧することができないシステ[…]

2.3地価公示

地価公示は、土地総合情報システムと同様に国土交通省が公表しており、土地鑑定委員会が年1回公表している土地評価のことを言います。地価公示の評価は、全国各地で選定された30,000万地点以上の標準地を基準として、不動産鑑定士が評価し、そのうえで土地鑑定委員会が判定しています。
地価公示では、不動産の適正価格がわかるというメリットがありますが、実際の売買価格ではないので、参考にしにくい面もあります。しかし、調べたい土地が標準地から離れている場合は、参考にしにくいというデメリットもあります。

2.4路線価・固定資産税評価額

路線価や固定資産税評価額は、不動産業者が実際に不動産の査定をする際に参考にしています。路線価は、国税庁が年1回公表している「路線価図・評価倍率表」で検索することができ、固定資産税評価額は、不動産を所有している人を対象に送付される「課税明細書」で確認することができます。
また、路線価は全国各地のほとんどの道路に対応しており、固定資産税評価額は、課税証明書1通で確認することができるという手軽さがメリットだと言えるでしょう。さらに、路線価や固定資産税評価額は、国が管轄する機関が公表しているため、信頼できるというメリットも挙げられます。

2.5イエウールで一括査定

不動産の査定を依頼することができるサイト「イエウール」では、1社だけでなく最大6社までの不動産業者に一括査定を依頼することができます。また、イエウールを利用すると、同じ地域で取引中の実際の売値の相場を把握することができます。
イエウールは、およそ60秒という短い時間で一括査定することができ、サイトの利用は無料です。土地の相場を知りたい人は、一度、イエウールを利用してみてはいかがでしょうか。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

・価格情報サイト
・レインズ
・イエウールで査定

3.土地の相場は調べ方や不動産会社によって差がある

不動産業者に土地の査定を依頼した場合、どの不動産業者も同等の評価額を算出してくれると考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、土地の相場は、調べ方や不動産業者によって差があるのが現状です。

3.1複数の方法で調べる

土地の相場を調べるには、インターネットで情報検索したり、不動産業者に査定を依頼するなど、さまざまな方法があります。しかし、土地の価格は、複数の異なる価格が存在していることもあるため、1つの方法だけではなく、複数の方法で調べて比較・検討することが重要だと言えるでしょう。

3.2不動産業者に依頼する場合

不動産業者に査定を依頼する場合、不動産業者ごとに得意とする分野が異なるため、不動産業者によって査定額に差があるのが現状です。全国各地に展開している大手の不動産業者や、エリアに特化した不動産業者、土地の売買に特化した不動産業者など、さまざまな不動産業者があります。
従って、数多くの不動産業者から、1社に絞り込んで査定を依頼するのではなく、不動産業者の特性をリサーチした上で、複数の不動産業者に査定を依頼して比較・検討することが重要だと言えるでしょう。

3.3最大6社で一括査定

イエウール」では、全国各地の厳選された1,600社以上の不動産業者が参加しており、1社だけでなく最大6社を選択してい一括査定することができます。また、参加している不動産業者は、クレームの多い悪徳業者は排除しているため、安心して査定を依頼することができます。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

・複数の方法で調べる
・複数の業者に依頼
・イエウールで一括査定

関連記事

所有している土地の相場を知りたい場合、実際の売買価格や税金など、調べる目的によって参考にする価格に差が生じます。また、不動産業者に査定を依頼する場合も、不動産業者によって査定額に差があるのが現状です。なぜ、このように同じ土地に対して価格に差[…]

4.土地を売却する前に準備しておくこと

土地を売却するには、相場をリサーチするだけでなく、売却する際に必要な書類を揃えておく必要があります。

4.1確定測量図とは

確定測量図とは、隣接する土地の所有者から土地の境界に対する承認を得た上で、土地の面積や寸法が確定した図のことを言います。この他にも、不動産に関する書類には、水路の場所や杭が打ってある場所などの構造物を示した「現況測量図」や土地の面積や寸法などを計算した「地積測量図」があります。
土地の売買には、一般的に最新の確定測量図を提出する必要があり、地積測量図が法務局に登記してあれば代用することもできます。

関連記事

土地を売却する際、土地の境界が定まっていないと後々大きなトラブルにつながります。そのため境界が定まっていない土地を売却しようと考えているなら境界を定めるために「確定測量」が必要です。しかし、確定測量と言われても「そもそも確定測量[…]

4.2確定測量図の目的

確定測量図を提出する目的には、以下のような理由があります。

地積測量図と相違がないか

地積測量図とは、土地の面積や寸法などを計算したもので、法務局に登記されています。この地積測量図と確定測量図に相違がないかを確認することによって、正確な評価額が査定されてることになります。

隣接する土地の所有者の承認を得ているか

確定測量図を提出することによって、隣接する土地の所有者から土地の境界に対する承認を得ていることが確認できます。なお、境界標が未確認の場合は、新たに測量して問題がないか調査する必要があります。
しかし、隣接する土地の所有者が、確定測量図の作成に快く対応してくれるとは限りません。場合によっては、交渉などによって相当な時間を要する可能性もあるので注意が必要です。

4.3売却後のトラブル防止

戸建てや住宅の売却だけでなく、土地を売却後にも売り手と買い手の間にさまざまなトラブルが発生する可能性があるので注意が必要です。
確定測量図を提出することによって、土地を売却後に発展するトラブルを未然に防ぐことができます。売却後に発覚した土地の欠陥に関しては、売り手に瑕疵(かし)担保責任があるため、買い手は売り手に対して契約の解除を申し出たり、損害賠償の請求をすることができます。
土地に関するトラブルにおいて、多額の損害賠償請求が発生したケースもあるため、売却後のトラブルには細心の注意を払う必要があると言えるでしょう。
従って、当然ではありますが、売り手は土地の状態をよく理解しておき、不備のない状態で売却することが求められます。しかし、確定測量図を作成には時間を要するため、事前に準備しておくようにしましょう。

・確定測量図
・境界標を確認
・売却後のトラブル防止

関連記事

家の売却を検討している人なら「家がいくらで売れるか?」は気になりますよね。自宅の売却価格を大体でも把握しておけば資金計画が立てやすく、安心して家を売却しやすくなります。そこで活用できるのが相場情報です。他の物件の売却価格を把握す[…]

5.土地は様々な方法で相場価格を知り少しでも高く売却しよう

土地の相場を知るためには、土地の価格が数種類あることに加え、複数の方法を利用して査定額を比較・検討する必要があると言えるでしょう。1社の不動産業者に依頼するだけでは、不動産業者の言われるがままに実際の相場より安い価格で売却してしまう可能性もあるので注意が必要です。
また、インターネットなどで自分でリサーチする方法の他、複数の不動産業者に一括査定を依頼するサイトを利用して、適正な相場価格を知った上で少しでも高く売却するようにしましょう。

最大6社の比較ができる親切で丁寧な対応のイエウール

イエウールは、マンションや戸建てだけでなく、土地の売却をサポートしてくれるサイトです。所有している土地の住所や物件種別を入力するだけで、わずか60秒での査定が可能です。
また、提携している不動産業者は全国1,600社以上にも及び、厳選された業者のみが参加しているので安心して利用することができます。現在、土地の売却を考えている人は、イエウールで一括査定してみてはいかがでしょうか。最大6社の査定を比較・検討できるので、より高値での売却が期待できます。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

・複数の業者で査定
・親切で丁寧な対応
・厳選された業者