取得したらアパート経営が有利になる資格をご紹介

収益獲得のためにアパート経営を検討する人も多いのではないでしょうか?そこで気になるのが、アパート経営には資格が必要かどうかでしょう。実は、アパート経営に資格は不要です。しかし、より有利にアパート経営をしていくための資格は存在します。今回はそのような資格について解説します。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

アパート経営自体は資格が無くても始められる

アパート経営は資格がなくても始めることができます。しかし、アパート経営とは日常的にあまり必要としない不動産に関する知識を駆使するものです。このためまったく勉強しないよりは、知識をつけた方がアパート経営にスムーズに着手できるといえます。それでは、アパート経営にはどういった知識や契約が必要となるか見ていきましょう。こちらをご覧いただければ、なぜアパート経営にある程度の知識が必要なのか分かるでしょう。

アパート経営のための契約とは?

アパート経営を始める際には種々の契約を結びます。契約書には法律用語や専門用語が頻出するため、これらを理解する知識は必要です。まずはアパート経営の際の主な契約書について見ていきましょう。

入居者との賃貸契約(不動産賃貸契約)等アパートを相続して経営を始める場合
上記に加え不動産の契約、銀行ローンの契約等アパートを購入して経営を始める場合
上記に加え、工事業者との請負契約等アパートを建設して経営を始める場合

アパート経営のための知識とは?

アパート経営を始めると、入居者からの家賃が収入として入ってきます。しかし、収入が入ってくるだけではなく、それなりの支出もあります。支出には、アパートの修繕費・維持費・各種保険料・固定資産税などがあります。またアパートを新築している場合は、新築費用がどれくらいで回収できるかを考えなければなりません。
このような収支バランスをアパート経営では常に考える必要が出てきます。さらにアパートが古くなると、空室対策なども検討しなければなりません。つまり、アパート経営を始めても簡単に純利益を手にすることはできないのです。経営者が常に純利益をいかに出すかを考えなければならず、知識が自ずと必要になってくるのです。
{
・経営は無資格でも可能
・資格取得で経営は有利に
・経営には経費が掛かる
}

関連記事

不動産投資にはアパート経営があり、入居者を確保し続けることで、毎月不労所得が得られるため人気が高いです。賃貸の場合、期間は決まっていないものの、長期的な契約になることが多いため、一度契約を獲得できると、以降長くにわたって安定した収入を得やす[…]

アパート経営に役立つ資格

それでは、アパート経営に役立つ資格をご紹介しましょう。主な資格は3つあります。またこれらの資格の参考書は個人で入手可能です。スクールなどに通わず、独学でも取得可能なためアパート経営の際はぜひチャレンジしましょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、宅建とも呼ばれる国家資格です。不動産会社には必ず有資格者がいます。宅建は不動産取引の際、契約者が不利にならぬよう重要事項(利権や原状回復の注意事項、賃料など)を説明することが業務です。重要事項を説明するには法律理解や専門知識も必要となるため宅建取得にはそれらの勉強が必須です。逆にいえば、宅建の勉強をすると、さまざまな専門用語や法律知識に対応しやすくなるといえます。また不動産会社従業員と同等の知識を得ることで、本当に知識のある担当者の見分けも可能となります。宅建の合格率は15~20%以下と低いですが、勉強を継続すれば取得可能な資格です。

不動産実務検定

不動産実務検定は、不動産運用の際に役立つ実践知識を学ぶ講座および検定のことです。日本不動産コミュニテーが認定する民間資格です。2級と1級、マスター講座があります。2級は賃貸管理の基本、家賃滞納者への対応、手頃なリフォーム方法など賃貸運営の知識・法律を学べます。独学でも受験可能ですが、全12時間の講座もあります。2級の合格率は60%前後です。
1級は本格的不動産投資についてや建築知識、税金について学べます。こちらも独学でも大丈夫ですが全12時間の専用講座もあります。合格率は50%前後です。1級・2級はどちらから受けても構いませんが、マスター講座は1級・2級合格後でないと受講不可です。マスター講座受講後、試験に合格すると不動産実務検定インストラクターになることができます。

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンションの管理に関する国家資格です。マンション管理会社とマンション管理組合が業務委託契約を行う際にも重要事項の説明が必須です。その重要事項の説明業務が主な業務内容であり、こちらは管理業務主任者の独占行為です。不動産業者以外でも、マンション経営者、マンション組合員に有益となる資格です。マンション経営とアパート経営は似ている部分も多く、管理業務主任者もアパート経営にはおすすめです。合格率は約20%となります。
{
・独学でも資格取得は可能
・不動産関連の資格が有利
・知識を付けて経営を有利に
}

関連記事

「働かなくても安定した収入が得られる」ことから、シニア世代の貴重な収入源としても注目されているアパート経営。基本的な仕組みを理解して長期的なスパンで取り組めば一定以上の利益を出しつづけることもそれほど難しくはありませんが、地価の値動きなどリ[…]

相続したアパートを経営する場合

相続したアパートを経営する場合にも知識があった方が良いです。その知識を得るために、資格取得はおすすめです。それではなぜ相続したアパートを経営する場合には、知識がいるのでしょうか?なぜなら相続したアパート経営には以下のようなメリット・デメリットがあるからです。

初期費用がかからない分、老朽化に対応するための費用も必要

アパートを相続した場合は、建築費用など初期費用はかかりません。このため毎月の収入から建築費用を回収する必要がなく、収入は増えるのみだと考えます。しかし、実際には老朽化にともなう修繕費が必要なことが多いです。また修繕費が必要とまではいかなくとも、維持費用がかかるため注意が必要です。このような収支をしっかり把握するには資格取得や勉強は役立ちます。

入居者募集対策が必要なこともある

相続したアパートが古いと、満室になっておらず、空室対策が必要なことがあります。空室対策にはリフォームが有効です。しかしリフォーム費用を回収可能な額に設定しなければなりません。この費用計算も知識が必要です。またリフォーム以外の空室対策についても、専門知識があった方が良いでしょう。

本当に税金対策になっているのかの判断

更地より、アパートを建てている土地の方が、固定資産税は安いです。しかし、いくら固定資産税が安くても、アパート維持費や修繕費などの支出が多ければ総支出額はかさみます。安くなった固定資産税以上に維持費等がかかっていないかきちんと計算しましょう。
また築年数が経ったアパートの減価償却費は減っています。つまり、経費として計上できる費用が減っているのです。このため、アパート収入に対する所得税は以前より増えている可能性もあります。このような税金への対策知識もアパート経営には必要です。
{
・本当の利益を知ろう
・老朽化に対応しよう
・無利益なら売却も検討
}

関連記事

アパート経営をしようと思ったときにまず気になるのは自己資金をどれぐらい用意するかということではないでしょうか?実は自己資金の金額によりアパートローンが組めるか組めないかも変わってきます。今回は、具体的に自己資金はどれぐらい用意すればいいのか[…]

相続した土地でアパート経営をする場合

土地を相続して、そこに新たにアパートを建て経営する方法もあります。土地の購入費用がかからない分、すべてを購入するより費用はかかりません。この場合はアパートも新築のため入居者も古いアパートより集まりやすいでしょう。しかし、このようなケースでもデメリットはあります。このデメリットに対応できるだけの知識が必要です。

相続税対策になるが、新築費用の回収の見通しが必要

更地に対する相続税より、アパートを建てた宅地の相続税の方が安いです。賃貸用の建物や土地の評価額は通常より減額されるからです。このため、相続税対策で相続した土地にアパートを建てる人は多いです。しかし、いくら新築という点で入居者を集めやすくても経営が成功するとは限りません。
入居者が集まりやすい条件には、新築以外にも駅からの距離や生活の利便性があるからです。このため、いくら新築といっても不便な場所に入居者はあまり集まりません。また経営開始後は入居者が集まったとしても、それがずっと継続するわけではありません。
アパートの築年数が経つにつれ、空室対策が必要となります。空室がで始めるとアパートローンの支払いも予定どおりにはいかなくなる可能性があります。アパートの新築をする際は、このような長期的な視点が必要となるため専門知識を要します。

土地の売却による現金化も視野に入れておくと良い。

土地にアパートを建築し、収益を得るのもひとつの方法です。しかし、アパート経営をする気がない、所有地にアパートを建築しても入居後集まりにくいと判断することもあるでしょう。その際は、イエウールで一括査定後、土地の売却をしましょう。一括査定を利用することで、土地の売却相場や不動産会社の情報が手に入ります。信頼できる不動産会社と契約し、うまく土地売却を進めましょう。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑


{
・土地を活用しよう
・利益が出るなら経営
・無利益なら土地を売る
}

土地やアパートを購入して、一から経営する場合

土地やアパートを購入して経営するケースもあります。こういったケースでは自分で人が集まりそうな場所を選び、回収可能な予算内でアパートを建築します。または収益物件として販売されているアパートを購入するケースもあります。利回りの良さそうな土地や物件をリサーチした上で選べるため、理想に近いアパートを経営できるケースです。しかし、やはり注意点があります。

土地やアパートの購入費用がかなりかかる

人気の高い土地を選び家賃がいずれ発生するとはいえ、土地や建物購入費用は莫大にかかります。またアパート新築のためアパートローンを組む場合、しっかりとした返済計画を練る必要も出てきます。このような返済計画に対しても、アパート経営に関する知識をかなり必要とします。

アパート用の土地の購入は難しい

アパート経営用の土地の選択は難しいものです。なぜなら、土地の面積に応じ都市計画建ぺい率、容積率が定められているからです。建ぺい率とは、敷地面積に対し、建築可能な水平投影面積の割合のことです。水平投影面積とは建物を真上から見たときの面積です。つまり、平屋の全面積、複層階であれば一番大きい階の面積となります。
容積率とは、敷地面積に対しどれくらいの延べ面積の建物を建てて良いかの割合です。延べ面積とは建物の総面積のことです。たとえば敷地面積100坪、建ぺい率60%、容積率100%の土地があったとします。こちらに建築可能な2階建ては、1階が最大60坪、2階が(100-1階部分の面積)坪となります。
建ぺい率などを考えずに土地を選んだ場合、いざ設計となった時点で小さなアパートしか建てられないことが分かることもあります。そうなると部屋数や部屋面積の縮小をせざるを得ません。そのような縮小は、利益縮小につながります。そういった事態を避けるためにも、最初にアパートの設計、次にそれに合う土地探しが妥当となります。
また、建ぺい率などをふまえ、土地を見つけたとしても、地盤に問題があればアパート建築はできません。購入した土地の地盤が、鉄骨造や鉄筋コンクリートに耐えうるものかの調査しなければなりません。このようなすべての調査・判断が必要になるためアパートの土地選びは難しいのです。このため、アパート選びや土地選びには知識が必要となります。

アパートの土地選びや物件選びは信頼できる不動産会社に相談しながら見つけよう

アパート選びや土地選びは難しいです。特にアパート経営初心者は何からして良いかわからないこともあります。その場合は、はじめから不動産会社に相談しましょう。良心的な不動産会社であれば、リスクもリターンもはっきりと伝えてくれます。そのような会社と協力し、アパート経営を成功させましょう。不動産会社は、一括査定サイトのイエウールで検索することができます。イエウールは優良な不動産会社の情報を数多く扱っています。アパート経営に向いている土地や物件選びの際もイエウールを利用しましょう。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑


{
・土地選びは難しい
・土地・物件選びにも要知識
・信頼できる業者選びが肝心
}

アパート経営の知識を身につけよう

アパート経営は、無資格でもできますが、やはり要所要所で知識が求められます。その知識を得るには資格取得やその勉強が役立ちます。また信頼できる不動産会社を見つけることもアパート経営成功には欠かせません。リターンやメリットだけでなく、リスクやデメリットもはっきりと伝えてくれる不動産会社を選びましょう。

関連記事

アパート経営は儲かるイメージなため、安易に手を出してしまうこともあります。しかし、さまざまなリスクがつきまとうため、これからアパート経営を考えている人はリスクも踏まえて考えていきましょう。アパート経営をしたけれど失敗してしまったケースや、失[…]

周辺地域の価格に詳しい不動産会社を探せるイエウール

それでは、信頼できる不動産会社はどのように見つければ良いでしょうか?それは、経営アパート付近に多くの物件を持つ会社をイエウールなどの一括査定サイトを利用し見つけることです。また一括査定を利用すれば、付近の家賃相場もすぐにわかります。アパート経営を考えたときも、一括査定のイエウールの利用がおすすめです。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑