注目キーワード

マンション購入の決め手は?持ち家マンションの魅力を紹介

「賃貸住宅」か「持ち家住宅」にするかを悩む人が多いです。持ち家を買ったら住宅ローンを返済し続けることができるのだろうかという不安を抱いたり、かといって長い目で考えたら賃貸住宅で毎月家賃を支払うのは損な気がしてしまうものです。

住宅費は私たちの生活に必要不可欠な出費であるだけに、慎重に考えたいものです。今回は、今後マンションへの引っ越しを検討するすべての人に、持ち家の魅力をご紹介します。

持ち家マンションの魅力と不安点

マンションを持ち家にするメリットとデメリットをご紹介します。マンションを購入して住宅ローンを組むのか、毎月一定額の家賃を払い続けていくかは簡単に答えを出すのは難しいですが、自分や家族のライフプランを考える上で非常に重要な判断になるので、メリットとデメリットをしっかりと理解して検討するようにしましょう。

是非ご自身の価値観だけでなく、一緒に住むことになる家族の意見も尊重した上で、「持ち家」と「賃貸」の決断をしてほしいところです。

持ち家マンションのメリット

ステータスを獲得できる

持ち家マンションの大きなメリットは、購入したマンションがあなたの資産となり、社会的信用力につながることです。マンションは決して誰でも簡単に購入できるものではありませんし、自立した大人として周囲の評価を得ることができるのです。

ここに満足感や充足感を感じる方はマンションを購入することに向いているかもしれません。

室内のリフォームをすることができる

購入したマンションはあなたの資産になるため、必要に応じて室内のリフォームを自由に行うことができます。自分の好みにレイアウトしたかったり、長年住んでいて少し飽きてしまったら気分転換することもできますね。

賃貸マンションの場合は、他人の所有物を借りていることになるので、このように自由にリフォームをすることはできません。ご自身がどのようにライフプランを描いていきたいのかをしっかりと検討することが重要です。

関連記事

「マンションを売却する前にリフォームした方がいいの?」特に、築年数が古いマンションの売却を考えている人の中には、売却前にマンションをリフォームするか迷っている人がいるでしょう。結論から言うと、売却を目的としたリフォームはオス[…]

老後の生活が楽になる可能性がある

住宅ローンの支払いが終わった後は、毎月の住宅費を支払う必要がなくなるためよりゆとりのあるライフプランを描くことができるようになります。もちろん、マンション購入費を完済することは決して簡単ではありませんし、長い期間の住宅ローンを組む人がほとんどです。

しかし、無事にローンを払い終えた暁には、その苦労があなたの老後に多くの選択肢を残してくれるでしょう。賃貸マンションの場合には、マンションに住み続ける限りおなじように家賃を払い続ける必要があるので、このようにゆとりを生むことは難しくなります。

持ち家マンションのデメリット

マンションを持ち家にするデメリットには、

1.家族構成やライフスタイルの変化に合わせて気軽に引っ越しができない
2.維持管理費用・固定資産税を負担する必要がある
3.不動産価格が上下するとマンション価値に影響を受けやすい

などが挙げられます。特に、持ち家マンションを買う上で大きな障壁になるのが、マンションの購入後に引っ越ししづらくなってしまうことにあります。

2020年の東京オリンピック開催を前に、都市部を中心に現在の日本では土地の値段が少しづつ上昇しています。しかし、今後その上昇率は頭打ちになり、大幅に土地の価値が下がることも同時に予想されています

今マンションを購入したとして、もし売却を検討することになった時には、購入時よりもかなり安い値段でしか売却できない可能性が高いです。

・マンションが資産
・老後の生活が楽になる
・持ち家マンション購入の壁

購入するマンションの選び方

マンションを購入するにしても、借りるにしてもどちらにもメリットとデメリットが生じます。そのため、一人ひとりが自分のライフスタイルに適した選択をする必要があります。

とはいえ、マンションを購入するのは、人生で恐らく数回しかない大きな買い物です。そのため、持ち家に住みたいと考えている人でも、少しでも不安要素があると購入に踏み出すことができないと思います。そこで、次は、実際にマンションを購入した人にとって、決め手となったポイントをご紹介します。

モデルルームの見学

マンションの購入を検討したことがある人ならば、「モデルルーム」という言葉を一度は耳にすることがあるでしょう。モデルルームでは、実際に部屋の様子が分かるため、より自分たちの新生活を明確にイメージすることができます。

マンションが新築の分譲マンションだった場合には、建設前の物件を購入すると扉やフローリング、間取りのカスタマイズも自分好みにできるのでより理想に近い住まいを実現することができます。モデルルームに行けば、賃貸物件にはない魅力をたくさん見つけることができるでしょう。

・マンション購入を検討
・モデルルームを見学
・新生活をイメージ

 

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!
関連記事

不動産を売却するには仲介手数料や税金など様々な費用がかかります。一般的に不動産売却でかかる費用は売却価格の4~6%程度と言われていますが、具体的に「手数料がいくらかかるか」「いつ支払えばいいか」を分からない人も多いでしょう。[…]

マンション購入時にかかるのは物件費だけではない

家を買った後には、どんな費用がどの程度かかるのか、想像をしたことはあるでしょうか。マンションは高額な買い物ですし、不動産に関わる税金はかなり複雑な計算が求められます。

マンション購入時の出費を適切に計算するためにも、住宅ローン返済をはじめ、家や土地の所有者にかかる税金、マンション所有者にかかる管理費等の費用について解説をしていきます。平均20~35年とも言われる住宅ローンの返済を無理なく行うためにも、諸経費の計算は慎重に行いましょう。

家の所有者は「固定資産税」を毎年納める

固定資産税は、マンションを所有する本人が、居住する市町村の決まりにしたがって納める必要があります。固定資産税は、予め法律で定められている一定の税率に所有するマンションの「固定資産税評価額」をかけて計算されます。市町村が「土地」と「建物」の「固定資産税評価額」を決める決まりになっています。

1月1日時点でマンションを所有する者に、毎年4月ごろに納税通知書が送られてきます。そこに書かれた期日までに納めるのが一般的ですが、このように一括で納税する方法と、年4回に分納することもできます。

新築住宅に適応される「軽減措置」

新築マンションを購入する場合には、築5年が経過するまで建物自体の固定資産税が半額になるという嬉しい制度が存在します。固定資産税は、3年に一回見直しがされるのですが、その評価基準は建物のん築年数が主な指標になるので、築年数が経過するごとに固定資産税率は低くなっていきます

そのため、新築5年間の税率を半額にすることで6年目の見直しの際には、かなり減額された状態で税金の支払いをスタートさせることができるのです。築年数の浅い中古マンションを購入するよりも、固定資産税の減額を狙って新築マンションを選択する人もかなり多いようです。

都市計画税も課税される

固定資産税と同じように市町村で定められた税金として「都市開発税」という税金も存在します。こちらも基本的な仕組みは固定資産税と変わりがなく、同じように新築マンションへの減税措置や3年ごとの見直しが生じます。

契約時にかかる「印紙税」

マンションを購入する際に必ず納税義務が生じるにもかかわらず、意外と知られていないのがこの「印紙税」です。家屋の購入には、売買契約と住宅ローンの契約(金銭消費貸借契約)を結ぶのが最も典型的な手続き方法ですが、いずれも手続きの際に印紙税がかかります

印紙税の金額は、契約書に記載されている金額によって変化します。つまり、マンションを購入した場合には物件の金額、もし返済ローンを組むのであれば借り入れ金額に応じて納税額が決まります。ばいばい契約書印紙税額が10,000円の場合は5,000円、30,000円なら15,000円とおおよそ契約金額の半分が目安となります。

印紙税の優遇制度

もし、あなたがマンションの売買契約を結んだ場合には、印紙税が減額される優遇措置に適応されます。こちらは2018年3月31日まで新規の申し入れを許可していた制度なのですが、2020年3月31日の契約まで延長される見込みなので、これからマンションを購入する方は必見です。

以前に売買契約を結んでいたが、優遇措置をうけていないという方は市役所に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

各種権利の登録にかかる「登録免許税」

土地や建物など、不動産を所有する際には「所有権」を登記する必要があるのですが、この時に「登録免許税」という税金がかかります。この時の税額は所得税と同様に土地・建物の評価額に応じて計算されるため一律ではありません。

住宅ローンを組む際にも、登録免許税として抵当権の登記に課税がされます。いずれの場合にも、床面積50㎡以上の敷地・物件を所有する場合には軽減措置が受けられます。ここでいう床面積は登記簿上の面積で判断されるので注意しましょう。通常、営業などで使用される広告に記載されている数字よりも小さくなることが一般的なので注意と確認が必要になります。

土地・建物を取得したときにかかる「不動産取得税」

無事多くの契約を済ませたのちに新居に引っ越しをして少しすると、お住まいの都道府県から「不動産取得税」にかかわる納税通知がやってきます。この税金は不動産を新たに取得した人全員に課税される税金で、通常は土地と建物の各評価額に4%の税率をかけて計算されます。

しかし、床面積が50㎡以上240㎡以下である場合には評価額や税率の軽減の対象となるため、税額がゼロになるケースもあります。その他の税金と異なり、こちらの不動産所得税は各都道府県に期間内に減税申告をする必要があります。申告しないでいると、軽減される前の税額で納税通知が届くことがあるので、なるべく早く問い合わせをするようにしましょう。

申告の不必要や時期、期間は都道府県よってことなるので、忘れないように確認をしましょう。

・固定資産税を毎年納める
・売買契約後の優遇制度
・不動産取得税の納税通知
関連記事

家を売却して利益が出ると税金がかかります。しかし「税金」と聞くと難しい印象があり、「家を売却したら税金はいくらかかるの?」「節税対策ってどうすればできるの?」といった不安を持っている人は多いのではないでしょうか。税金にかかる金額は大[…]

家を売却したときの確定申告とは|控除を使って賢く税金を節約

ローンと一緒に支払う諸経費

一戸建ての住宅では、自分の責任範囲内で家屋の修繕や管理を全部自分の手で行うことができるので管理費や積立修繕金としての支出を抑えることができますが、他人と物件を共有するマンションではそうはいきません。マンションでは住民が快適に生活をするために全体の管理を管理会社に依頼していることがほとんどなので、毎月の管理費や修繕積立費の支払いは必須です。

毎月一定金額の支払いが求められるこれらの経費は、決して安いものではないので、生活費の一部としてやりくりする必要があります。まずは、どのような経費がどのくらいかかるのかを簡単に理解した上でプランを練っていきましょう。

中古マンションと新築マンションの経費の違い

同じようにマンションを購入したとしても、その物件が新築か中古かによって管理費と維持費には差が生じます。一般論では、中古マンションの維持費は新築マンションより高いとされており、①築年数が経過すればするほどにマンションの価値を維持するためのコストが高くなってしまう。②物件が古くなると住人が少なくなり、結果少ない住人高い住人で維持費を分担しなければいけないという2点が大きな理由です。

これから中古マンションを購入しようと考えている人は、現在どのくらいの住人が住んでいるのかと住人の年齢層を大まかにつかんでおくと、将来的な維持費負担の見通しを立てることができます。マンションは古くなれば古くなるほど修繕費がかかるようになります。劣化した部分を放置しておくのは非常に危険なので、きちんと物件の安全性が保たれているマンションをえらぶようにしましょう。

持ち家マンションの場合にかかる管理費

もしあなたがマンションを購入した場合には、毎月管理費を支払う必要があります。管理費や修繕積立費は、居住者が快適に生活を送るために必要な経費なので、賃貸マンションであっても支払いの義務が生じます。

マンションの管理費や修繕積立費は、物件の築年数が経過すればするほど高くなる傾向にあります。これは、建物時代の老朽化や劣化によるメンテナンスにより高いお金が必要になるためです。中古マンションを購入する際にはあらかじめ管理費・修繕積立費を確認しておくようにしましょう。

家具購入費

新居の購入をする際には、新しい家具や家電を購入することが多いため、思わぬ出費が重なることになります。せっかく自分の持ち家を買ったのであれば、心機一転好みの家具で室内にもこだわりたいところです。

家具や家電の値段は、高いお金を支払ってマンションを購入した際には得に小さな金額に感じられるかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」という言葉を忘れてはいけません。常に計画性をもって家具や家電を揃えるようにしてくださいね。

・管理費と維持費に差が生じる
・毎月管理費がかかる
・思わぬ出費が重なる

引っ越しに伴う各種申請

引っ越しをする際には、様々な法的手続きを行う必要があります。手続きの方法や手段は各自治体ごとに定められているので、必ず確認するようにしましょう。

マイナンバーの手続き

マイナンバーカードやマイナンバー通知カードに記載されている住所は、転居後14日以内に変更手続きをする必要があります。これは法律で全国的に定められている義務で、手続きを行わなかった場合には5万円以下の罰金が科せられることがあるので注意しましょう。

自治体が変わる場合には転出・転入届けを

他市町村への移動を伴う転居の場合には、住民票の住所を移すために自治体に転居・転入届けを提出する必要があります。こちらも転居後14日以内に手続きを行わないと罰金の対象となることがあります。

基本的には市町村区の自治体窓口て対応してもらえるので、必要書類を揃えるなど、早めに準備をするようにしましょう。

・引っ越し時の法的手続き
・マイナンバーの変更手続き
・自治体に転出・転入届

マンションの購入はしっかり計画を練ろう

マンションを購入するメリットは、やはり自分の資産の一つとして家を所有できることにあります。世間からの目や評価だけでなく、本質的に大きな価値を持つので、高いお金を払って大きな買い物をするだけのことはあります。

しかし、何事も計画性が大事。自分のライフプランを現実的に考慮した上でマンションを購入する準備をしていきましょう。

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!