注目キーワード

マンションの値引き交渉の仕方|中古不動産と新築物件で方法が異なる

中古マンションであっても、決して安いものではありません。だからこそ、値引き交渉をして、できる限り安値で入手する必要があります。しかしながら、初めてマンションを購入する人は、値引き交渉の方法などについては、まったくわからないものです。そこでこのページでは、マンションの値引きについて、さまざまな角度から詳しく解説していきます。

具体的には、値切れる物件について、なかなか値切れないマンション、値引き交渉時の注意ポイント、中古・新築マンションの値引きのやり方などを取り上げていきます。自分が気に入った物件を安く、そして買い逃さないために、ぜひ参考にしてみてください。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

値切れるマンションとそうではない物件

まずは、値切れるマンションとそうではない物件について、解説していきます。値段交渉しやすいマンションは、長いこと売却できていない不動産が挙げられます。交渉しにくいマンションは、売り出して間もない物件です。これらについての詳細を見ていきましょう。

長い期間売れていない物件は交渉しやすい

マンション自体に大きな魅力があっても、マンションが売れないことがあります。価格が高すぎたり、売り出し時期を誤ったり、不動産会社の売却活動が上手ではなかったりなど、さまざまな理由により、3カ月以上売れないことがあります。そして、このタイミングであれば、売主も価格交渉に応じてくれるケースがあるでしょう。

また、同じマンション内で売りに出されている物件がある際、他の物件よりも値段が高かったときは、価格交渉がしやすいです。なぜなら、安値のほうを引き合いにして、もう少し安値にできないのかどうか、問い合わせることができるためです。

売り出したばかりの物件は値切れない

売り出したばかりの物件であれば、売主的には価格を下げたくありません。なぜなら、そのままの価格で購入する人が現れるかもしれないためです。絶対に入手したい物件だった場合は、言い値で購入するしかありません。値段交渉しても、売り出したばかりのマンションは、ほとんど意味がないこともあります。

マンションを売却する際は、不動産業者と売主は媒介契約を締結し、その有効期間は3カ月と決められています。そのため、3カ月を超えた段階では、値引き交渉できる確率が高まるでしょう。しかしながら、人気のある物件は、別の誰かに先に購入されてしまう可能性も高いです。

関連記事

期限がある売却を検討されている方や、住み替えなどでできるだけ早く現在のマンションを売却したいと考えている方にとって、実際のところどれくらいの期間でマンションは売却できるかが気になるところだと思います。これからの売却計画を立てるためにも、[…]

・売れ残り物件は交渉可
・売り出したばかりはNG
・値引き交渉の目安は3カ月

マンションの値引き交渉において悪口は禁止

値引き交渉すること自体に問題はありませんが、してはいけない、あるいはしないほうが良い対応があります。それは、売主や物件に対して悪口を言うことや、仲介手数料の値引きです。これは一体どういうことなのでしょうか。詳しく解説していきます。

売主を不快にさせてはならない

「建物全体が汚れている」「水回りが不衛生」「部屋の老朽化がひどい」など、マンションの不備を取り上げて、価格交渉することは避けてください。こうした発言が売主に伝わってしまうと、売主は別の買主に物件を手放す可能性があります。

マンション売買は、基本的には、不動産業者の担当者が間に入りますが、気の利かない人であれば、購入希望者の発言を、そのまま売主に伝えてしまうことがあるでしょう。誰に物件を売るのかは、売主の勝手です。そのため、悪口を言うことは避ける必要があります。

業者への仲介手数料も値切らないほうがベター

マンションの売買が決定された際は、不動産業者に仲介手数料を支払うことになります。仲介手数料は、上限が法律によって定められており、会社によっては格安であったり、無料だったりすることもありますが、業者への報酬になります。

そのため、仲介手数料を値引き交渉してしまうと、不動産業者は良い気持ちにはなりません。そしてそれは、売買がスムーズに進まないリスクにもつながります。できる限り費用を抑えたい人は、売買契約の最後の最後に、話を切り出してみてはいかがでしょうか。

・物件の悪口は避ける
・仲介手数料も値引きしない
・売主と業者両方に気を配る

中古マンションは売り手側の状況を理解して交渉

中古マンションの値引き交渉を成功させるためには、売り手側の状況を理解する必要があります。タイミング次第では、値引きに失敗してしまうことも考えられるでしょう。また、いつでも対応できるように、自分のスケジュールを空けておくことも重要。さらに、物件の設備をチェックしてから、交渉を進めることも大切です。

交渉のタイミングはさまざまある

売主がどのような状況で、マンションを売ろうとしているのか把握すれば、交渉がスムーズに進む可能性もあります。例えば、売主がすでに新たな住居に引っ越し、住宅ローンを利用している場合、さまざまな出費を抑えるために、できるだけ早めに前のマンションを手放したいものです。

もし、マンションを内覧した際に、部屋の中が空っぽの状態であれば、このケースに該当するかもしれません。また、売主が新しいマンションをすでに購入したとしても、現状のマンションに住んでいる場合、ダブルで住宅ローンがかかっていることもあります。このケースにおいても、早めに売却したいと考えることがあり、値引き交渉しやすい状況だと言えます。

ほかにも、「転勤が決まったため早めに手放したい」「離婚することになって不要になった」などの理由が考えられます。売主の売却理由をヒアリングできれば、相手の状況を把握することが可能なので、ぜひ問い合わせてみてください。

自分の予定はできる限り空けておく

中古マンションの値引き交渉までの道のりは、まずは内覧、その後に購入申込書提出と、住宅ローンの事前審査を終えてからスタートできます。つまり、欲しい物件を見つけたからといって、すぐに値引き交渉できるわけではありません。

だからこそ、できる限り早めに対応できるように、自分のスケジュールは空けておいたほうが良いです。値引き交渉の連絡が遅れてしまった際は、他の購入希望者に買われてしまうリスクがあります。売主の都合にもよりますが、早く売却したいケースにおいては、すぐに契約を進められる相手を選ぶことになるでしょう。

設備や内装なども必ずチェックする

値引きのスタンダードな交渉術は、設備などをチェックし、リフォームを理由に値引きすることです。明確な理由もないまま値引きして欲しいと伝えても、あまり効果はありません。「○○の部分にリフォーム費用が必要」と値引きすれば、売主の心が動くことも考えられます。

しかしながら、中古マンションには、新築のような定価という概念がなく、もし欲しいマンションが相場よりも明らかに安ければ、リフォームを理由に交渉できないこともあります。いずれにせよ、設備などをチェックすることは、不具合を見ないで購入するリスクを避けられます。

・売主の状況を把握する
・いつでも交渉できる予定に
・リフォーム費を理由にする

マンション価格の相場や成約価格も把握する

マンション価格の相場も把握することで、中古マンションの値引き交渉がより成功に近づきます。相場よりも高めのマンションであれば、値引き交渉のときに有利になる可能性もあり、逆に下回っている場合は、購入のチャンスと言えます。相場の調べ方はさまざまあるので、詳しく見ていきましょう。

レインズマーケットインフォメーション

不動産流通機構によるレインズマーケットインフォメーション」は、過去の取引の成約価格を調べられるサイトです。不動産流通機構は、国土交通大臣が指定する組織。マンションだけではなく、戸建て情報も検索可能です。

詳しいマンション名での検索はできませんが、エリア、完成時期、広さなどの条件を絞り込み、サイトが見やすいことも特徴として挙げられるでしょう。売りに出ているマンションの価格ではありませんが、相場チェックにはおすすめのサイトです。

土地総合情報システム

国土交通省による「土地総合情報システム」というサイトでも、不動産の取引価格を調べることが可能です。アンケートを元にしているため、不動産のディテールまではわかりませんが、3カ月ごとのデータが閲覧できます。

値引額の相場は端数の切り捨て

値引額の相場目安もあります。それは端数の切り捨てです。たとえば、2,880万円であれば、80万円が値引き額となります。物件の金額がもっと高ければ、100万円単位で値引きすることもできるでしょう。

1,880万円、2,680万円のように半端な価格設定になっていることが多く、なぜそうなのかと言えば、値引き見込み分も含まれているからです。もちろんあくまでも目安なので、大幅に安くなるケースも、ほとんど値引きできないケースもあります。

関連記事

マンションの購入を検討しているが、近年の価格高騰を懸念して中々購入に踏み出せない人は多いのではないでしょうか。「マンションの価格はいつ下がるのか」「本当の買い時はいつなのか」については専門家の間でも意見が分かれることが多く、数ある情[…]

・レインズでは成約価格を
・土地総合情報システムも有
・値引額は端数部分が相場

5新築マンションの値引きは中古物件とやり方が違う

中古マンションであれば、相場価格を調べたり、売主の状況を知ったりすることで、価格交渉を有利できる可能性がありますが、新築マンションはどのように値引きすれば良いのでしょうか。

まずは、値引きしてくれる時期を見極めることです。新築マンションを販売するディベロッパーには、早めに手放したい時期があります。また、営業担当者の選定も重要。こうした新築マンションの値引き方法について、細かく解説していきましょう。

決算の前がおすすめの時期

新築マンションの売るディベロッパーには、他の企業のように決算期間が定められています。自動車、アパレルなど、決算前にセールを行う業者はたくさんありますが、それは新築マンション販売業者も同様です。しかしながら、明確にセールしていることをアピールしません。

セール時期は、2末から3月初旬あたりです。なぜなら、ローン審査などを含め、引き渡しまでおよそ1カ月かかり、決算の3月末までに間に合わないため。したがって、2末から3月初旬あたりに値引き交渉することで、新築マンションを安値で入手できる確率が高まるでしょう。

営業担当者の実力を見極めよう

買主は、営業担当者に値引き交渉しますが、それを判断するのは、マンション販売統括者の役割です。そして、買主はこの人に会うことはありません。だからこそ、営業担当者がキーパーソンになります。

交渉した相手が、花形営業担当者でなければ、値引きがスムーズに行かないこともあるでしょう。なぜなら、実績のない人間は、上司との交渉に負けてしまう可能性があるためです。逆に、仕事のできる担当者だった場合、希望通りに値引きできることも考えられます。

営業担当者が、優秀なのかそうでないかの見極めは非常に難しいですが、態度が横柄であったり、質問したことに答えられなかったりした場合、注意が必要です。新築マンションは高額物件のため、頼りない担当者だった際は、はっきりと別の人に変えて欲しい旨を、伝えるようにしましょう。

ホームページや折込チラシを要チェック

新築マンションを購入する前に、ホームページでどのような物件なのかを、チェックすることは必須です。その際に、なにかしらキャンペーンをやっていたり、家具付きモデルルームを販売していたりなどの情報があれば、販売会社が値引きしていることを暗に伝えている可能性があります。

基本的に、完成している新築マンションであれば、値引きのチャンスはあるものです。マンションの残りの戸数があとわずかであった場合、すぐに完売させるために、思い切って値引きすることも考えられます。できるだけ情報は収集したほうが良いため、ホームページの情報だけではなく、折込チラシにも目を通しておくようにしましょう。

あまりにもスムーズな値引きには注意が必要

新築マンションの値引き交渉は可能ですが、あまりにも簡単に自分の意見が通った際は、すぐに契約手続きに入らず、改めて物件を調べたほうが良いです。なぜなら、非常に条件の悪い住戸や、そもそも価格設定が怪しかったりするケースも考えられるためです。

併せて、値引きする金額の幅についても理解を深めておきましょう。最初の段階では、2%程度しか値引き率がありませんが、販売状況によっては、5%、10%と大きくなることもあります。約3段階で値引き金額の提示が行われると、認識しておいてください。

関連記事

家の売却を思い立った際に「どの不動産会社に依頼すればいいんだろう?」「大手と地域密着型の不動産会社どっちがいいんだろう?」「悪徳不動産会社に依頼してしまったらどうしよう・・・」家を売却する際に最も重要なのが「不動産会社選び」[…]

ファイルを見る女
・決算セール時期を狙う
・営業担当の実力次第
・HPやチラシを確認する

マンションの値引きで新しい住まいを入手しよう

マンションの値引きを行う際は、値切れるマンションとそうではない物件を、見極める必要があります。売り出したばかりのマンションは値引きしにくく、長期間売れていない物件は、値引きしやすいです。また値引き交渉する際には、マンションの悪口を言ってはいけません。売主を不快な気持にさせてしまうと、購入できないリスクがあります。

中古マンションであれば、売り手側の状況を理解して、値引き交渉することをおすすめします。いつでも交渉できるように予定を空けておき、マンションの設備などを確認して、リフォーム費用を値引き理由にすることもできるでしょう。また、相場価格をレインズマーケットインフォメーションなどのサイトで、調べておいたほうが良いです。

新築の場合は、値引きしやすい時期があり、営業担当者によって円滑に進められます。マンションのホームページの内容もよく見ておきましょう。いずれにせよ、魅力的なマンションを安値で入手するためには、値引き交渉が欠かせません。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

↑こちらから査定を依頼できます!↑

関連記事

「どの不動産一括査定サイトを使えばいいか分からない・・!」不動産一括査定サイトとは、Web上で複数の不動産会社にまとめて査定依頼できるサービスです。不動産一括査定サイトを使えば、ひと昔前のように1件1件不動産会社に電話して査定依頼す[…]