注目キーワード

マンション売却にかかる期間は3ヶ月!早く売却する方法をご紹介!

そろそろ転居を考えていて、そのためにマンションを売却したいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな時、
今からマンション売却を始めたらいつ頃終わるんだろう
・マンションを早く売るためにできることってあるのかなぁ

このような疑問が生じてくるのは当然のことだと思います。この記事ではこれらの疑問を解決していきたいと思います。

マンション売却に要する期間と手続き

マンション売却の全体でかかる期間はどれくらいなのでしょうか。
また、売却の手続きのなかで特に時間がかかる手続きは何でしょうか。
マンション売却の期間と手続きそれぞれを確認していきましょう。

マンション売却の期間

一般的にマンション売却における売り出しから成約までの「適正」期間は約3ヶ月です。
なぜなら、不動産会社が売却活動を行う際に約2~3ヶ月ですべての潜在顧客に情報が行きわたり、3ヶ月を超えてしまうと、売却戦略を見直さなければならないためです。
一方で、売却に要する「平均」期間は様々な要素によって大きく左右され、幅広く3~6ヶ月の期間だと計算しておいた方がよいでしょう。
ここでいう要素とは、地域・価格・買主との縁などを指しますが、多様化しているためどうしても場合によって異なると認識しておきましょう。

リナビス
マンション売却期間は3ヶ月から半年を想定しよう
関連記事

マンションと比較すると一戸建ての売却期間はやや長く平均6ヶ月かかると言われています。つまり、計画的に戸建ての売却を完了させたいという方は、少なくとも6ヶ月は売却期間として見積もって売却計画を立てていく必要があります。そこで、この[…]

マンション売却手続き別の目安期間

マンション売却の手続きは大きく、売り出し前・売り出し中・売り出し後の3つの段階に分かれます。
それぞれ、売り出し前は1~2週間・売り差し中は3~6ヶ月間・売り出し後は約1ヶ月を要すると考えていた方がよいでしょう。
以下は各段階で具体的に行う手続きです。

段階手続き目安の期間
売り出し前査定依頼1~2週間
媒介契約締結
売り出し中売り出し価格の設定3~6ヶ月間
問い合わせ・内覧の対応
購入希望者との売買交渉
売り出し後売買契約締結約1ヶ月間
受け渡し日の決定
関連記事

初めてマンションの売却を検討している人は、「どういう流れで何をしたらいいか分からない」「何に注意すればいいのか分からない」「失敗したくない....」など、漠然とした不安を抱えていると思います。「分からないから」や「面倒だから」という[…]

マンションを売却する

マンションの売却期間に影響を与えるポイント

マンションの売却期間は、売却するマンションの条件によって左右されます。

一般的にマンションの売却期間に影響を与える要素として「季節」「築年数」「立地」「価格」の4つがあげられます。それぞれの要素が影響を及ぼす原因として以下の理由があります。

季節

季節としては2~3月が売買成約数のピークなのでマンションなどの居住用の物件にとって最も売却に適した時期といえるでしょう。
なぜなら、新生活開始前に引っ越しが盛んな時期で焦って新居を購入する人が増えるからです。
早く売るためにも売却活動が1~3月に出来るように準備をすすめるとよいでしょう。

築年数

マンションの価格に築年数が与える影響は大きいものです。
もし、売却予定のマンションが築年数15年以下の場合は出来るだけ早く売却に踏み切った方がよいでしょう。
一戸建てと異なりマンションの価格は下落しやすくなっており、特に築16~20年の間に下落幅が大きくなってしまうのでその前に売りに出すとよいでしょう。

立地

マンション売却の期間は、立地によって大きく左右されます。人気なエリアにあるのか、間取りはどうなっているのかによって物件の条件は同じでも、需要が高い方物件から順に売れていくと考えてよいでしょう。ここでは、マンション売却の売却期間を変える2つの要素、エリア自体が人気か、売却するマンションの近くに競合入るのかについて解説します。

人気なエリアか

マンションは、人気なエリアにあるほど需要が高いため、売却期間は短くなると考えられます。一方で、マンションそのものは良くても立地が悪い場所にマンションがある場合は需要が低いため、予想以上に売却期間が延びることも覚悟しなければなりません。

売却しようと考えているマンションが人気なエリアにあるのかは売却するマンションのエリアの相場を調べれば見えてくるので、売却時に確認してみるとよいでしょう。

競合はいるか

人気なエリアにマンションがあったとしても、ほかにも似た条件のマンションが売却されていればその分売却期間は延びる可能性があります。同じマンション内や近隣エリアで売り出されているマンションが少ないほど、独占状態であるため売却期間は短くなります。一方、競合が多いほど、ほかの物件にも流れる可能性があるので、その分売却期間は長くなるとみてよいでしょう。

その際は、売却活動において競合となる同じ地域の同じようなマンションが売りに出されていないときをはかるとよいでしょう。
特に大規模なマンションの場合、ほかの部屋が売りに出されているとその部屋の価格を基準に競争が起きてしまう恐れもあるので、ポータルサイトなどで周辺地域の売却状況を確認したうえで売りに出すとよいでしょう。

相場

マンションの売却期間は相場との比較次第で長くも短くもなります。

売却するマンションが相場より低いと、売却期間は短くなります。一方、相場より高い場合なかなか売れないなんてこともあり得ます。

さらに早くマンションを売却するために出来ること

売却活動に要する平均期間は3~6ヶ月とお伝えしましたが、出来ることであれば早く売りたいという想いは売主になる方みなが抱いていることだと思います。
ここでは、売却期間を短縮するために売主になるみなさんが出来ることについてご説明していきます。

売り出し前の事前準備を丁寧に行おう

不動産会社に依頼する前に売主が行う準備がその後の売却活動を成功させる土台になります。
ここでは、特に準備しておくべき3つのことをご紹介します。

相場を把握する

まずは、自分で情報収集を行い周辺地域の同じようなマンションの相場を把握してください。
相場を調べる際は「不動産ポータルサイト」を利用するのがよいでしょう。
不動産ポータルサイトとはインターネット上で手軽に現在売りに出されている物件情報にアクセスできるもので、
条件検索や絞り込み機能を活用して売却予定のマンションと同じようなマンションの売り出し価格を確認することで
相場を推定する
ことが出来ます。
査定前に相場を把握することで、査定結果を比較する時の基準になり不動産会社を選びやすくなります。

住宅ローン残債の確認

売却計画を設計する前に住宅ローンの残債を確認しましょう。
売却を検討しているマンションの住宅ローンが残っている方も少なくないかと思いますが、
ローンの残債がある場合抵当権を抹消するためにローンを完済する必要があります。
この際、
・住宅ローンの残債をマンションの売却価格が上回るもしくは同額
・住宅ローンの残債をマンションの売却価格が下回るが、自己資金で不足分を補うことが出来る

以上どちらかの場合、問題なく抵当権を抹消することができます。

住宅ローンの残債を確認しておくことで、おおよその売却希望価格が定まりスムーズに売り出し価格を決めることが出来ます。

関連記事

タイトルの通り、実はローンが残っていてもマンションは売却できます。ただし、原則住宅ローンを完済して抵当権の抹消登記をしなければ、他人にマンションを譲渡することはできません。抵当権とは、借りた側が住宅ローンを万が一支払えなくなった[…]

売り出す時期を見極めよう

マンション売却期間を決める三要素でも紹介した通り、マンションの売り出す時期を見極めることは早期の売却を可能にします。

マンションの売却期間を短くするために、季節や築年数、近隣の競合など様々な観点から最も最適な時期で売却活動を行うことで最短での売却を狙えてくるでしょう。

マンションの価格は様々な要素によって上下するため売り出しの時期を計ることがとても大切になってきます。
また、価格の高さは需要の高さを示しますので、需要が高い時期の方が売却期間を短縮できる可能性が高いのです。

担当の営業マンと良い関係性を保とう

積極的な売却活動をすすめるには担当の営業マンと良い関係性を保つことが大切です。
前提として不動産会社の営業マンは複数のお客さんを抱えているので、お客さんによって優先度が変わってしまうのは仕方ないことです。
そこで、売却活動の状況をこまめに確認することで売却活動がうまくいっているかを把握しながら、担当と良い関係性を構築するとよいでしょう。

内覧では最高のおもてなしをしよう

売却活動において内覧は意外と重要なポイントです。内覧には必ず立ち会って購入希望者と前向きなコミュニケーションをとるのがよいでしょう。
なぜなら、結局のところ購入の決め手は感情によることが多く,実際に部屋をみたときにそこに住むイメージができるか・
住んだとしたらどのような幸せが待っているのかといった購入希望者の想像を膨らませることが大切になります。
もちろん、事前に部屋はきれいに掃除してよい雰囲気づくりをこころがけましょう。

関連記事

東京オリンピックという大イベントを控えている今、首都圏を中心に時価の上昇など、マンション含む不動産の価格変動について、様々なニュースが流れています。しかし、流れている情報の主張は多種多様。結局いつマンションを売却するべきかタイミング[…]

売却期間が延びてしまった場合の対処について

6か月以上たっても売れない場合もあります。それでは期間内に売れない原因としてどのような理由が考えられるのでしょうか。ここでは、6ヶ月以上たっても売れない場合の対処法についていくつか紹介します。

相場より高く売っている

一番最初に考えられるのが、売却価格が相場より高く出ている場合です。

このようなケースの場合、売却額を安くすることで解決できます。よほどのことがない限り価格の見直しで売却できるでしょう。

高く売りたいのは山々ですが、あまりにもなかなか売れない場合は売却額の見直しをする必要があるかもしれません。

不動産会社選びに問題がある

売却を仲介している不動産会社に問題がある場合も考えられます。

不動産会社によっては物件の得意不得意があります。また、販売力が不足している、熱心に販売活動をしてくれないなど不動産会社側に問題があることもあります。

想定していたより売却期間が延びてしまうことはよくありますが、実はその原因が不動産会社の選び方にあることが多いです。
不動産会社選びに失敗するとマンションが売れ残ってしまったり、売れたとしても相場を大幅に下回る価格になってしまう恐れがあるので、不動産会社を選ぶ段階からしっかり信頼できる不動産会社を探す必要があるでしょう。

まずは一括査定サイトで査定依頼をしよう

信頼できる不動産会社を探すには、複数の不動産会社に査定を依頼し、査定結果を比較することでより良い選択をすることができるでしょう。それでは手軽に複数の不動産会社に査定の依頼するにはどうすればよいのでしょうか。

そんなとき手軽に複数の不動産会社に依頼する方法としておすすめするのが「一括査定サイト」の利用です。

査定依頼をする時は一社一社不動産会社に足を運んで依頼する前に、インターネットから複数の不動産会社に無料で査定依頼できる「一括査定サイト」を利用しましょう。
一括査定サイトのなかでも、全国1600社の厳選された不動産会社から自分の物件にあった不動産会社を見つけることが出来る「イエウール」がおすすめです。

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!

まとめ

ここまで見てきた通りマンション売却における当事者は売主自身なので、希望通りのスケジュールや売却になるようポイントはおさえたうえで売却活動にのぞみましょう。