注目キーワード

家売却をする際の不動産会社の正しい選び方・注意点・コツを徹底解説!

家の売却を思い立った際に

「どの不動産会社に依頼すればいいんだろう?」
「どのように不動産会社を選べばいいんだろう?」
「大手と地域密着型の不動産会社どっちがいいんだろう?」
「悪徳不動産会社に依頼してしまったらどうしよう・・・」

という不安があるのではないかと思います。

この記事では

  • 不動産会社の選び方
  • おすすめの不動産会社ランキング
  • 家の売却のコツや注意点

といったことを中心に解説していきます。

家売却の成否は不動産会社選びにかかっている

一戸建て・マンション・土地といったあなたの家を売却する際に最も重要なのが「不動産会社選び」です。なぜなら家を売却する際には売り出し価格の設定から引き渡しまですべきことがたくさんあります。

それを一人でやるには無理があり、不動産会社のサポートが必要不可欠です。その際に不動産会社選び、ひいては担当者選びを間違えると家の売却がスムーズに行われなかったり、納得のいく値段で売ることができなかったりと芳しくない結果になってしまう可能性があります。

では、どのように不動産会社・そして担当者を選べば良いのでしょうか?次の章で詳しく解説していきます。

家売却の不動産会社の正しい選び方

家売却の不動産会社選びで重要なポイントは8です。以下のポイントをしっかりと意識して不動産会社を選べば、あなたにあった優良な不動産会社に巡り合えるでしょう。

ポイント➀複数の不動産会社に査定依頼をする

不動産会社を選ぶ際には必ず複数の不動産会社に査定依頼をするようにしましょう。

不動産会社と言っても「賃貸業」「管理業」「売却業」と、専門にしている分野は様々です。不動産業者によって査定額が変わってくるのは当然です。

ですので、複数の不動産会社に査定依頼をすることによって相場を理解することができます。相場を理解することによって適切な売り出し価格の設定ができます。

不動産会社はおおきく

  • 大手不動産会社
  • 地域密着型不動産会社

の2種類に分けることができます。

それぞれの特徴は以下の表を参考にしてください。

メリットデメリット
地域密着型の不動産会社・大手では取り扱ってくれない物件も扱ってくれる

・大手に比べ、提案を柔軟に聞いてくれる

・大手ほど資金力がないため大々的に広告を打てない

・持っている顧客数が大手に比べると少ない

大手不動産会社・資金力が潤沢なため、広告を大々的にうつことができるため買主が見つかりやすい

・抱えている顧客の数が多く、よりよい条件の買主に売ることができる

・ビジネスライクに感じる時がある

・囲い込み、両手仲介を行う可能性がある

大手不動産会社だけではなく、地域密着型不動産会社にも査定依頼を出し適切な売り出し価格の設定を行いましょう。

リナビス
でも、複数の不動産会社に一社一社査定依頼をするのにはかなり手間がかかるよね・・・

そこでおすすめなのが「不動産一括査定サービス」です。このサービスを利用すれば、提携している複数の不動産会社に一括で査定依頼をすることが可能です。

一括査定サイトの仕組み

そのなかでも特におすすめなのが無料かつ匿名で最大6社に同時査定依頼ができるイエウール」でございます。

イエウール4つのポイント

イエウールは業界最大の1600社の不動産会社と提携を組んでおります。また、その厳しい運営方針に従い厳選に厳選を重ねた超優良1600社に査定依頼をすることできます。

まずはこちら↓から無料で一括査定してみましょう。

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!

ポイント➁信頼できる営業マンを見つける

営業マンの力量や知識次第で取引条件が大きく変わります。ここでは信頼できる営業マンのチェック方法をご紹介します。

  1. 不動産に関する知識量が豊富か
    • 例えばあなたの地域について詳しく知っているか
  2. 人当たりの良さ
    • 話していて安心する、難しい専門用語を多発するのではなくしっかりと初心者にもわかりやすい言葉で説明してくれているか
  3. 連絡の早さ
    • 質問したことを当日中に回答してくれるかどうか、不安なことを先回りして教えてくれるかどうか
  4. 売却プランの提示が明確か
リナビス
不動産会社選びだけでなく営業マン選びも大事なんだね!

ポイント➂一般媒介契約がおすすめ

不動産会社と媒介契約を結ぶ際に3種類の媒介契約がございます。「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の三種類でございます。どの媒介契約にするかは慎重に選びましょう。

それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

  • 一般媒介契約
    • 複数の不動産会社に売却依頼ができる
  • 専任媒介契約
    • 一社の不動産会社にしか売却依頼ができないが、知人に売却する場合には仲介会社を挟まずに契約できる。
  • 専属専任媒介契約
    • 一社の不動産会社にしか売却依頼ができず、知人に売却する場合には仲介手数料が発生する。

上記の専任媒介契約と専属専任媒介契約(一社の不動産会社にしか売却依頼ができない契約)のみを提案する不動産業者には注意しましょう。

どうしても任せたい不動産業者があるという場合を除いては、基本的には複数の不動産会社に依頼が可能な「一般媒介契約」がおすすめです。

ポイント➃囲い込みをしてこないかどうか

大手不動産会社でよく起きるといわれているのがこの「囲い込み」です。

不動産会社は一つの物件に対して売り手と買い手の両方を見つけることができれば両者から仲介手数料(=報酬)をもらうことができます。

このように売り手と買い手の両者を見つけてこようとする両手仲介を「囲い込み」と呼びます。

この囲い込みが起きると、不動産会社はあなたの要望にしっかりと応えてくれなかったり、場合によっては値下げ要求をする場合もあります。

ですからこの囲い込みが行われていないかどうかしっかりと確認しましょう。

ポイント➄不動産会社の得意分野を見極める

上述したように不動産会社と言っても専門にしている分野によって得意不得意が分かれています。

もちろん、家の売却を考えている場合は「売却業」を専門としている不動産会社に依頼するのが鉄則です。

そのうえで、その不動産会社の販売実績を確認し、中古マンションの販売実績が多いのか、戸建ての販売実績が多いのかを確認し、ご自身の物件に合った不動産会社を見つけましょう。

リナビス
専門分野はネットで、販売実績はネットや問い合わせで確認できるよ!

ポイント➅サービスの充実度を確認する

不動産会社を選ぶ際にはその会社の規模や認知度で選ぶのではなく、サービスや保証内容で選びましょう。

例えば以下は大京穴吹不動産のサービスの一覧です。

サービス名内容
設備保証サービス水回りを中心とした住宅設備を最大10万円まで無料補修
24時間駆け付けサービス水回りのトラブルやカギを亡くしたなどといったトラブルに365日24時間対応
荷物お預かりサービス荷物を一時的に預けることができ、空間を作ることができる
整理収納片付けサービス時間がない方のために片付けコンシェルジュがお部屋の片づけをサポート
プロカメラマン撮影サービス広告で使う写真をプロのカメラマンが撮影
ホームステージングサービス売却予定の家にインテリアを並べイメージを上げる

ポイント➆不動産査定書を必ずもらう

見積りや査定依頼をした際には必ず不動産査定書をもらいましょう。

「だいだい〇〇万円で売れますよ」などといい加減なことをいう不動産会社はいわゆる「悪い不動産会社」です。

正式な査定額などは不動産査定書で書面でもらうように依頼し、もし断られた場合はそもそもその不動産会社に査定依頼をすることをやめましょう。

リナビス
口約束は当てにしないようにしよう!

ポイント➇不動産売却の査定依頼を会社にするタイミングを見極める

不動産取引の繁忙期、すなわち最も家を高く売却することができるタイミングは1月~3月と言われています。なぜなら4月から新生活が始まり、それに合わせて引っ越しなどが多発するからです。

ですので、可能であれば家の売却はもっとも高い査定額を得られる1月~3月に行いましょう。

どこがいい?不動産売買会社ランキング

では実際に家を売却するとなって、どこの不動産会社に依頼をすればいいのでしょうか?この章ではRenavi編集部一押しの不動産売買会社をご紹介します。

3位 大京穴吹不動産

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産は上述した通り、非常にサポートが手厚いうえ、2019年のオリコン顧客満足度調査ではお客様満足度1位という実績をもつ不動産会社です。

大京穴吹不動産のモットーは

  • 高く
  • 早く
  • 確実に

です。特にマンションの売却に強いのでマンションの売却をお考えの方にはおすすめです。

2位 三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産は、年間一万件越えの販売実績を誇っており、その91%以上のお客様が「大変満足した」と答えております。

またサポート内容も充実しており、なんといっても三井住友グループで家の売却だけでなく、資産運用や住宅ローンの提案、相続や遺言の相談まで幅広くサポートしております。

1位 みずほ不動産販売

みずほ不動産販売

みずほ不動産販売は売上高業界7位という実績を誇り、91%のお客様が「また取引をしたい」と答えております。

また、みずほ不動産販売もみずほフィナンシャルグループの知識やサポートがあります。

みずほ不動産販売は日本全国に広がるネットワークを形成しており、北海道から九州まで幅広く対応しております。

さらに、宅地建物取引士(いわゆる宅建資格保有者)と呼ばれる不動産のプロを628人も擁しており、確実にかつ安心して家の売却を行うことができます。

家売却の二つの方法「仲介」と「買取」

家を売却する際に、不動産会社に価格査定をしてもらい、媒介契約を結び、買い手を探す「仲介」と不動産会社に直接家を買い取ってもらう「買取」の二つの方法がございます。

ここでは買取による売却のメリットとデメリットを解説します。

メリット

  • 仲介手数料がかからない
  • 短期間で現金化することができる
  • 瑕疵担保責任が発生しない
  • 近隣の人に知られずに売却することが可能

デメリット

  • 仲介による売却相場の7~8割程度の値段になってしまう
  • そもそも買取に向いていない物件もある

買取についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事

不動産の買取価格は仲介による売却相場より安いということは知っているけど、実際にどれくらい安くて、なぜ安いのかその理由をご存じの方は少ないのではないかと思います。この記事では 不動産買取相場 不動産買取相場の調べ方[…]

金髪のキャリアウーマン

仲介と買取、どっちがいい?

では、家売却を行う際には仲介による売却と買取による売却のどちらがいいのでしょうか?それは、あなたの物件によります。以下をご覧ください。

仲介に向いている場合

  • 条件が良い(立地など)家を売却する場合
  • 築年数の浅い家を売却する場合
  • 売却は急いでいない場合
  • 売却金額を下げられない場合

【早見表】仲介手数料の相場

仲介で家を売却した際には、不動産会社にその報酬として仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料は国土交通大臣によって定められております。以下に価格別の仲介手数料をまとめました。
物件価格仲介手数料
500万円231000円
1000万円396000円
1500万円561000円
2000万円726000円
3000万円1056000円
4000万円1386000円
5000万円1716000円

買取に向いている場合

  • 短期間で現金化したい場合
  • 仲介手数料といった諸経費を払いたくない場合
  • 周りに売却をすることを秘密にしたい場合
  • 築年数の古い家を売却する場合
  • 訳アリ物件

家

関連記事

不動産の買取価格は仲介による売却相場より安いということは知っているけど、実際にどれくらい安くて、なぜ安いのかその理由をご存じの方は少ないのではないかと思います。この記事では 不動産買取相場 不動産買取相場の調べ方[…]

金髪のキャリアウーマン

家売却の二つの注意点

優良な不動産会社・担当者に巡り合えても注意しなければならないポイントがあります。ここでは2つの注意点をご紹介します。

 

貯金箱

よくある質問

最後によく寄せられる質問に答えていきたいと思います。

土地売却を検討しているのですが、どこに相談すればいいでしょうか?

基本的に相談したい内容によって相談する相手が変わってきます。
  • 土地売却の流れややり方について相談したい→不動産業者
  • 土地売却に関する税金について相談したい→税理士
  • 土地の価値について相談したい→不動産鑑定士
  • 土地の登記・測量について相談したい→土地家屋調査士
  • 登記変更や権利関係について相談したい→司法書士
  • 契約上のトラブルについて相談したい→弁護士

さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事

土地売りたいと考える理由は人それぞれです。どうせ売却するなら高く売りたいというのは共通の願いでしょう。しかし、土地を売る時は何から始めればいいのかわからない人も多いようです。土地を売却するときに必要なこと、書類や税金について、一連の流れを一[…]

不動産売買を行っている業者の一覧を確認する方法はありますか?

上記で紹介した「イエウール」であれば以下のように不動産売買を行っている業者の一覧を確認することができます。不動産売買を行っている業者の一覧
イエウールであれば50音で探すことができるだけでなく、都道府県別で不動産売買を行っている業者の一覧を確認することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?まずは業界最大手のイエウールで家の売却の第一歩である査定依頼を厳選された優良不動産会社にしませんか?

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!