注目キーワード

家買取の成功には相場の把握と業者選びが重要?成功のコツを解説! 

「家の買取をしてもらいたいけど、やり方が分からない、、、」

そう悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

買取などの不動産売却は、取引を行う前に必ずっておくべきポイントがいくつか存在します。

そこで今回は、家の買取を成功させるために特に大切なポイントとなる、仲介との違い、業者の選び方、買取相場の割り出し方について学んでいきましょう。

 

この記事が伝えたいポイントを先取り
●家買取は売却時の価格は下がるが、時間や手間がかからない!
●家買取成功の秘訣は家の相場を知ることと、正しい業者選び
●一括査定サイトを活用しよう!

 

家買取と仲介の違い

不動産売却には「不動産仲介」「不動産買取」の2種類があります。

これら二つの最も大きな違いは「不動産の買主が誰か」というところにあります。

それを踏まえて、2つの売却方法の特徴について簡単に説明していきましょう。

不動産仲介

「不動産仲介」という売却方法では、不動産の買主は個人のお客様になります。

不動産仲介の場合、個人のお客様同士が不動産売買を行うことが最終的な目的で、その間を仲介する役割として不動産会社が手助けを行います。

 

仲介

仲介の場合、買取とは違いリフォームや再販などについて考える必要がないため、相場の価格で売り出すことが可能になります。

しかし、買取と比べると手続きの行程が多くなるため、売却の手続きが完了するまでにより時間がかかるという認識が必要です。

不動産買取

「不動産買取」という売却方法では、不動産の買主は不動産会社になります。

不動産買取の場合、不動産会社が売り出している不動産を買い取ることがゴールとなるため、この取引に登場するのは売主と不動産会社のみということになります。

 

 

買取

 

買取の場合、不動産会社が買い取った物件に付加価値を付けて再販することが多いため、仲介と比較すると買取価格は低くなってしまうことがほとんどです。

しかし、手続き内容が仲介よりも圧倒的に少ないために、売却を決断してから手続きが完了するまでの期間を短縮できることも特徴の1つです。

家買取のメリット、デメリット

家買取のメリット

家買取には仲介と比較していくつかのメリットがあります。ひとつずつ見ていきましょう。

メリット①:相談を始めてから手続きが完了するまでの期間が短い

不動産買取仲介はその物件を購入してくれる個人のお客様を探す必要があるため、広告活動を行わなければいけません。

一方で、買取の場合、購入するのは不動産会社となるためそのような広告活動の必要はなく、この行程がない分仲介の場合よりも手続き完了までの期間はかなり短くなります。

また、仲介の場合内覧を行わなければならないのに対し、買取はその必要がないため、時間短縮の要因になると同時に手続き上の手間も少なくなります。

メリット②:仲介手数料がかからない

前述した通り、不動産買取は不動産会社が買主になります。

そのため、不動産仲介では仲介役の不動産会社に対して、手数料を支払わなければいけないのに対し、不動産買取ではその手数料は発生しません。

メリット③:瑕疵担保責任や設備修復責任が免除される

不動産仲介の場合、不動産を引き渡した後にその物件において設備の故障や不具合が見つかった際に、売主がその修復を負担しなければいけません。

一方で買取の場合には、修復なども全て、買主である不動産が負担することになるため、一度手放した物件に関する修復や瑕疵担保の責任などは負う必要がなくなります。

メリット④:近隣の人に知られる可能性が低い

不動産仲介の場合、個人のお客様が買主となるため、その相手を見つけるための様々な広告、販売活動が必要となります。

そのため、近隣の人に売却の情報などが伝わってしまうことが多いです。

一方で、買取の場合は買主が不動産会社が買主にあたるため、業者との直接の取引となり、周囲の人々にしられることなく売却を行うことが可能となります。

家買取のデメリット

買取を選択すると、デメリットもいくつか出てきます。これらのデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

デメリット①:売却価格が低くなる可能性が高い

不動産買取の多くには、一度不動産会社がその物件を買取り、その物件にリフォームなどを施したうえで再販するといったプロセスがあります。

買取価格は、再販を行うための費用や再販して売り出す際の価格などを考慮して決められるため、仲介の場合と比較すると、売却価格が低くなる可能性があります。

デメリット②:不利になりやすい場合がある

通常買取は、古い物件のほうが向いていると考えられています。

というのも、買取はリフォーム、リノベーションを前提として買取価格が設定されることが多いため、新築でそうした変更の必要がない場合に、仲介で売却したときとの売却価格の差が大きくなってしまう時があるからです。

新築の家を売却したいと考えている場合は、買取では不利になってしまう事があるということを覚えておきましょう。

家買取に向く人と仲介に向く人の特徴

これらのメリットデメリットを踏まえて、ご自身はどちらの取引方法が向いているのか考えていきましょう。

具体的に、次のような人が買取を選択すべきであると言えます。

〇安くても早く売却を決めたい人

〇売却していることを周囲に知られたくない人

〇売却する物件がリフォーム、またはリノベーションを施す必要がある人

 

例えば、引っ越し先や転勤などが決まっておりすぐにでも売却をしたい人、または築年数が古くリノベーションをせざるを得ない人などは買取がオススメです。また、仲介の場合は、どうしても周囲に情報が伝わってしまうことが多い為、プライバシーを守りたいという気持ちが強い方は買取を選択したほうがいいでしょう。

 

次に、仲介に向く人の特徴としては以下のようなものがあげられます。

〇家が建ってから、まだ月日が経っていない物件を売却したい人

〇時間がかかっても、出来るだけ高く売却したい人

 

築年数が浅い物件は買主もみつかりやすく高額で取引されることが多いです。そのため、買取にしてしまうとかえって損をしてしまう場合があります。また、前述した通り、買取はどうしても仲介より価格が低くなってしまうため、売却金額は絶対に下げたくない方、また時間や手間にストレスを感じない方は仲介を選択することをお勧めします。

不動産仲介について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください!

関連記事

「家を売りたいけど売り方が分からない」「売却の手続きがなんとなく面倒くさそうで後回しになってしまう」このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。不動産はとても高価なため、「家を売却する」というライフイベントは人生[…]

一戸建て 売却

家の買取と仲介の選択は慎重に!

買取、仲介のどちらを選択するか決断する時は、それぞれについて理解した上で、ご自身が不動産を売却するうえで何に重きを置くかについてよく考えてみることが大切です。

不動産売却は大きな取引なので、買取・仲介についてきちんと理解してから慎重に決断しましょう!

家買取を成功させるために知っておくべきポイント

ここからは、実際に買取を行う際に知っておくべきポイントについて学んでいきましょう。買取を成功させるために重要なポイントは以下の2つ。

①買取価格の相場について知る

②正しい業者選びを行う

この2つを知っていることで、より有利に買取を進めていける可能性が広がります。

それぞれについて詳しくみていきましょう!

家買取時の価格相場について知ろう

買取を行う際に、おそらくもっとも気になるポイントになるのが「買取価格」だと思います。

この買取価格を極力さげないためには、まず自分が買取を行う物件の相場がいくらであるのかということを知っておく必要があります。

不動産の買取額は業者によって異なってくるため、買取相場を知らずに取引を行うと、「本来売却が可能な価格よりも低い価格で売却してしまった」という自体になりかねません。

そのような状況を防ぐためにも自分自身で相場を確認することで、損なく取引を行うことを目指しましょう。

買取相場ってどうやって決まるの?

一般的に家の買取相場は、本来の市場価格の約60~70%と言われています。

前述したとおり、買取という取引では本来の市場価格から再販にかかる様々な費用を引いた分が売主の利益として残る仕組みになっています。

 

リナビス
家の買取価格=市場価格-再販費用 ということだね!

 

しかしこの計算は、あくまで一般的な相場の指標。

実際の買取価格は、家の状態や間取りなどによっても様々です。

実際に取引を行う場合には、自分が売却する家の具体的な相場をきちんと把握しておく必要があります。

家の買取相場を知るためのオススメの方法

ここでは不動産系のインターネットサイトを活用する方法、そして一括査定を用いた方法を紹介します。

①インターネットサイトの活用

現在、インターネット上では相場を知る上での様々なサービスが展開されています。

これらのサイトにはそれぞれ、様々な相場の割り出し方法が存在しています。

 

例えば、、、

・近隣の土地データをもとに相場を出すもの

・全国の不動産の価格動向を反映し地域ごとに相場をあらわすもの

・不動産取引を行った人に対するアンケートをもとにデータベースから相場を割り出すもの

などなど、、、、

 

これらのサイトを活用し相場を検索することで、様々な観点から買取相場を知ることが可能となります。

これらのサイトが提示したい相場を比較しながら自分の物件のおおまかな相場を見つけ出すと、より正確な相場が確認できるでしょう。

 

相場検索でのおすすめのサイトはこちらの3つ!

これらのサイトの使い方や特徴など、より詳しい情報を知りたい方はこちらの記事もぜひ読んでみてください!

関連記事

不動産の買取価格は仲介による売却相場より安いということは知っているけど、実際にどれくらい安くて、なぜ安いのかその理由をご存じの方は少ないのではないかと思います。この記事では 不動産買取相場 不動産買取相場の調べ方[…]

金髪のキャリアウーマン

 

②一括査定サービスの活用

一括査定サービスとは、売却する物件についての簡単な情報を入力し、その情報をもとに不動産会社が買取価格の査定を行うツールの事です。

このサービスでは、複数の業者がそれぞれ査定額を提示してくれます。

そのため、提示された価格を比較することによって自分の物件の買取相場を知ることが出来ます。

このサービスを利用するポイントは、おおまかな相場を知れるだけでなく、業者が提示する実際の買取価格を具体的且つ正確に知ることができるところにあります。

また手間も少なく、業者を探す上でも役に立つため、一石二鳥のツールなのです。

 

オススメの一括査定サービスはこちら!

適切な買取業者を選ぼう

次に業者の選び方について学んでいきましょう。家の買取を行う上で、大きな役割を担うのが不動産業者です。

そこで今回は業者選びのポイントと、業者を選択する上でのオススメのツールをご紹介します。

家買取の業者を選ぶポイント

買取業者を決定する上で確認すべきポイントは次のようなものがあげられます。

①査定価格の高い買取業者

買取の場合、不動産業者が提示する査定価格≒買取価格ということになります。そのため買取を行う際は、この査定価格を業者の選択軸にすることがまず1つ大切なポイントです。

また、提示してくる査定価格は、各不動産業者によって、少なからずバラつきが出てきます。

そのため、1社のみに査定を依頼するのではなく、複数社で査定額を比較することによって、業者を選択することが非常に大切です。

②家買取の実績がある業者

不動産会社の多くはホームページを設置しており、そこでこれまでの買取実績などを紹介している場合があります。そこでの買取件数や、ユーザーからの評価などを確認することで、その業者が買取を得意としているかどうか見極めることができます。

一概には言えませんが、ホームページ自体がない業者や、実績口コミなどを載せていない業者に関しては、その業績に不安があるというとらえ方も出来てしまうため、確実性を高めたければ選択肢から外しても良いかもしれません。

③交渉に応じてくれる業者

買取の場合、ほかの業者から査定してもらった金額をもとに、買取価格を交渉して上げる事ができる場合があります。

例えば1900万円という査定を出したA社に対して「B社は2000万円で買い取ってくれると言っている」と伝え、A社にそれ以上の金額で買い取ってもらうよう促す、といった具合です。

もちろん、不動産会社も全ての交渉に応じてくれるわけではないですが、提示された査定額が納得いく金額でない場合に、こうした交渉にまったく聞く耳を持たない業者には注意しましょう。

オススメの家買取業者5選!

これらのポイントを踏まえて、今回は特に1番比較しやすい「買取実績」に着目し、2019年の買取再販年間販売戸数ランキングをもとにお勧めの業者をご紹介いたします!

買取業者①:カチタス

カチタスは2019年に年間販売戸数を3996 戸を達成し、6年連続で買取実績NO.1を誇っている買取業者です。

カチタスは、中古物件を買取リフォームをして再販する「中古住宅再生事業」に特化している不動産会社のため、買取のノウハウは秀でている企業と言えます。

また、一般的には買取が厳しいとされる不動産でも、カチタスは買取に応じてくれる場合が多く、全国展開をしているという点からも買取の幅が広いというのも大きなメリットです。

更に、買取を行う際の手続きがスムーズな事にも評判が高い為、信頼がおけて素早い買取を行ってくれる業者と考えてよいでしょう。

買取業者②:ベストランド

ベストランドは、東京に本社を置く、創業して10年ほどの企業であり、今勢いのある不動産会社です。

現金化までの期間が非常に短いというところに評判が高く、とにかく早く売りたいという方にはとてもオススメです。

ただし注意しておきたい点として、ベストランドは、店舗があるエリアでの買取しか行っておらず、中には店舗がない都道府県もあります。

そのため、お住まいがエリア外の場合はご利用いただけないため注意しましょう。

 

買取業者③:フジ住宅

フジ住宅は、買取、仲介の両方に精通した不動産会社であり、戸建てだけでなくマンションの買取なども積極的に行っている企業です。

特に関西での事業展開に力を入れている企業であるため、関西方面の一戸建て買取を検討の方はお勧めの不動産会社です。

ただし、関西以外の都道府県では、展開していない地域もあるため、ご利用を検討される方はお住まいの地域が対応可能であるかどうか、確認しておきましょう!

買取業者④:大京穴吹不動産

大京穴吹不動産は、仲介、買取の両方に事業を展開しており、ほとんど全国の都道府県で事業を展開しています。

2019年の買取再販戸数は1454戸で、全国でも4位の販売戸数を誇っています。

買取を実行するまでのスピードや、従業員の応対が評価されて、利用者からの口コミや評判は非常に良い企業です。

他の上位企業が、買取の専門であることが多いのに対して、この企業は仲介の実績も非常に良いため、買取と仲介で悩まれている方は、ここで相談してみるのもよいかもしれません!

買取業者⑤:リプライス

リプライスは名古屋に本社を置く、再生住宅を専門に取り扱った不動産会社で、昨年の年間買取再販戸数も1356戸と非常に好業績の企業です。

リプライスは、リノベーション(全てを一新すること)ではなく部分的なリフォームを得意としているため、再販にかかる費用のコストカットを実現し、買取価格を高く保ってくれるという特徴があります。

そのため、出来るだけ高く売りたいという気持ちが強い方は、この不動産会社に一度相談してみるとよいかもしれません。

また事業は全国で展開されているため、地方の方も利用していただける不動産会社になります。

家の買取業者を探すためのオススメの方法

ここまでで、業者選びのポイントやお勧めの業者をいくつか紹介しましたが、実際に自分自身の物件取引を行う上で、査定額や対応などを比較しながら最も適切な業者を決めるのは簡単なことではありません。

そこでオススメするサービスが、一度に複数の業者から不動産の査定を受けることができる「一括査定サービス」です。

このサービスを利用することによって、1社ずつ業者を調べていくよりも効率的に業者探すことが可能になります。

 

こうしたサービスを展開している中でも最もオススメのサイトは「イエウール」です。

イエウールは、登録されている不動産の数が業界No.1の約1800社もあるサイトで、無料で利用することが出来ます。

このサイトでは厳選した優良な不動産会社のみが登録されているため査定結果には信頼を置くことができますし、一度に最大6社の比較がで可能であるため効率的に適切な業者を探す上で最適なサイトといえるでしょう。

 

イエウール

 

こうした一括査定サービスを活用しながらある程度業者を絞り、さらに先ほど紹介した業者選びのポイントをチェックしていくことで、最適な買取業者を効率的且つ簡単に見つけ出すことが出来ます!

 

まとめ

今回は不動産の買取を成功させるために必要なポイントについてお話しました。不動産の買取、仲介を行う上で両方に共通していえる事は、必要となる情報をしっかりと認識していることが取引成功の近道になるということです。今回紹介した便利なツールを使いながら、売却を行う際に必要な情報を集め、売却の成功を目指しましょう!!!