注目キーワード

マンション査定の自動シミュレーションを解説!使い方と査定前に知っておきたい注意点

自宅マンションの価格を手軽に知りたいけど、わざわざ不動産会社に査定を依頼するのはちょっと面倒…..。

そんな人には、AI(人工知能)による査定サービス「自動シミュレーション」がおすすめです。

本記事では、マンション査定におけるおすすめの自動シミュレーションと使い方、実際に査定を依頼する前に知っておきたい注意点を解説しています。

AIが査定?マンション査定の自動シミュレーションとは

これまでマンションの価格を知りたい場合は不動産会社に査定依頼をするしか方法がありませんでした。しかし、近年はAI(人工知能)の発達・浸透により誰でも手軽にスマホやパソコンなどで査定価格を知ることが出来るようになっています。

入力画面に必要な情報を入力すると、保有している様々なマンション情報(ビッグデータ)からAIが近しい条件の物件情報を探し出し、査定額を算出してくれます。

マンションの査定で自動シミュレーションを使うメリットとしては、

  • 5分~10分でマンションの価格を知ることが出来る
  • 匿名・無料で査定を行える
  • 不動産会社を通さないので、営業電話が来ることがない

デメリットとしては、

  • 実際の売却価格とは乖離する可能性がある

が挙げられます。

不動産会社に査定を依頼した場合と比較すると、やはりまだ価格の正確さに欠けるようです。自動シミュレーションは短時間で手軽に今すぐ相場価格が知りたい場合に使うのがおすすめでしょう。

リナビス
自動シミュレーションは「手軽に価格が知りたい」ときに使うのがおすすめだよ!

おすすめのマンション査定の自動シミュレーション「HowMa(ハウマ)」

Howma

HowMa(ハウマ)は無料・匿名で簡単にマンションの査定価格を知ることができる自動シミュレーションツールです。以下ではHowMaの使い方を簡単に紹介します。

STEP① トップページの「無料でAI査定する」をクリック

まずHowMaのトップページへアクセスし、ページ中央の「無料でAI査定する」をクリックします。

STEP① トップページの「無料でAI査定する」をクリック

STEP②「マンション」を選択

査定する家の種類で「マンション」を選択します。

STEP②「マンション」を選択

STEP③ 自宅マンションの情報を入力

マンション情報の入力画面が表示されるので、以下の情報を入力していきます。

  • マンション名
  • 住所
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 市区町村
    • 町名(丁目)
  • マンションの建築年
  • 部屋番号
  • 専有面積
  • 所在階と総階数
  • 居住の状態(居住中or賃貸中or空室)

STEP③ 自宅マンションの情報を入力

STEP④ 査定額を確認する

すぐに査定額が表示されます。駐車場など、詳細情報を入力すれば更に制度の高い査定価格が表示されます。

マンションの査定前に知っておきたい注意点

次に、実際にマンションの査定を不動産会社に依頼する前に知っておきたい注意点を解説します。

注意点① 必ず複数の不動産会社に査定を依頼する

不動産会社はいきなり1社に絞るのではなく、2~3社程度の不動産会社と並行してやり取りすることをおすすめします。それぞれの対応や人柄などを見極めることがき、信頼できる担当者に出会える確立も上がります。

1社1社にアポをするのが面倒だったら、不動産一括査定サービスを使うのも有効です。簡単な入力だけであなたのマンションを売却するのにマッチする不動産会社を自動で選んでくれます。

一括査定サイト

不動産一括査定サービスであれば株式会社Speeeが運営する イエウール がおすすめです。大手から中小まで、全国の優良不動産会社1600社以上に対応し、簡単な入力だけで最大6社から見積もりを受け取ることが出来ます。

イエウール

あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
無料診断スタート!

注意点② 査定前の清掃は必須!

査定前の清掃は必須と言っていいです。イメージとしては、まだ誰も住んだことのない感じを匂わせるような、いわば「モデルルーム」を意識した部屋にすることです

具体的には「ここは見られる」ポイントを清掃したり、必要最低限の個所は自分で修理しておくといった方法です。

抑えるべき清掃箇所

汚れや目立つマンションに高額査定は実現しません。査定時に見られやすいポイントとしては以下になります。

  • 玄関
  • キッチン、浴室、洗面、トイレなどの水回り
  • 設備、床、窓、バルコニー

特に水回りは生活感が出やすい場所で汚れも目立ちます。徹底的に清掃するようにしましょう。しつこい汚れであればハウスクリーニングを業者に依頼するなどの対応もアリです。以下の写真のように驚く程綺麗になるでしょう。

キッチンリフォーム

必要最小限の設備は修理する

浄水器や浴室乾燥機のフィルター交換、扉の開け締めの調整など、このまま使用できそうなものでも安価な費用負担で済むのであれば修理や交換を行っておきましょう。なお、仲介を依頼する不動産会社と結ぶ媒介契約のうち「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」であれば無償で設備修理がついている場合があるので上手に活用しましょう。

注意点③リフォームの判断は慎重に行う

室内で壊れた箇所をなおしておくことは大切なことですが、わざわざリフォームを行う必要はありません。なぜなら、中古マンションを購入する人は「自分の好きなようにリフォームを行いたい」というニーズを抱えている場合が多いからです。

そのため、数百万の費用をかけてリフォームをしたけれど査定額はそこまであがらなかった、ということは珍しくありません。
直近での売却を考えているわけではなければ、最悪査定後にリフォームをして売却するという選択をすることもできるので、査定前にリフォームをするのはお勧めしません。

マンション査定の注意点については以下の記事で更に詳しく解説していますので、気になる人は是非ご覧ください。

関連記事

マンションの売却価格を知るためには、何らかの方法で「査定」をすることが通常ですが、「マンションの査定額は何に影響されるか」「査定時にやっておきたいこと」など、査定において重要な注意点を知らずに行動に踏み出す人は実に多いです。そのまま[…]

まとめ

マンション査定の自動シミュレーションについて解説しました。自動シミュレーションは手軽に査定額を調べるのに便利ですが、あくまで参考価格として捉えておくのを忘れないようにしてください。